パーソナリティブログ

2013.01

SCHOOL WAVE 通信 〜105時間目〜

見た目10代!心も10代!?祐太朗です!
1月のSCHOOL WAVEも、あっという間に終わりました。
1月は、大学入試センター試験もありましたし、受験生のみなさんお疲れさまです!
体調管理に気をつけて、次の試験もきばってください!!

26日105時間目のSCHOOL WAVEは、都城工業高校の生徒2人の登場!
DJ:ありよし DJ:アレキサンダー

2人は、都城工業高校 第51期の生徒会
12月から、新生徒会が始動し、11人のメンバーでがんばってます!!

番組では、前半に新生徒会の紹介。
それぞれ生徒会メンバーのPRポイントを教えてもらったけど、ユニークな生徒が多い!!
これからが楽しみ♫
後半に、SCHOOL WAVE一問一答で、生徒会について質問をぶつけましたよ!

都工に歴史を残したいという2人!

これからもがんばって!! 

投稿日時:2013.01.29() 23:51:00|投稿者:arimitsu コメント(39)

今週の「快適!住まい情報」とえのきリフォームぶたさんねっと通信2月号発行のお知らせ

田口です。


今週の「えのきリフォームの 快適!住まい情報」は、都城市一万城町のリフォーム現場を紹介しています。


今回の現場は・・・?
①寝室を確保したい → 納戸として使用していた部屋を寝室へ。かつ空間を有効活用した収納スペースの新設
②書斎を暖かいところへ → 陽当たりの良いところへ移動
③動線の確保 → 壁を切り開いて建具を取り付けることで部屋間の行き来もスムーズに


「えのきリフォームの 快適!住まい情報」・「一万城町・寝室・書斎・動線確保工事篇」は、今週金曜日まで、朝9:54~9:59放送します。ぜひお聴きください。


えのきリフォームでは、ニュースレター「ぶたさんねっと 通信」を毎月発行しています。
ニュースレターは2月号で第79号。今回は 「断熱リフォーム工法ココエコ」、お店・イベント紹介、頭脳クイズなど内容盛りだくさんです。A4両面印刷。都城市山之口町富吉(国道269号線沿い・冨吉バス停すぐ前)のえのきリフォームでも配布しております。ぜひご覧ください。




(写真はえのきリフォーム・榎木 敏浩 社長です。えのきリフォーム事務所玄関にも掲示してあります。)

投稿日時:2013.01.29() 19:17:00|投稿者:taguchi コメント(43)

かなりお久しぶりです(ToT)/~~~

皆様、いつも私JUNJUNの放送にお付き合い頂きましてありがとうございます。
2013年も早1ヶ月が過ぎようとしていますが、皆様いかがお過ごしですか?
再三、「ブログ更新お願いします」と言われていたのに、なかなか・・・の私(-_-;)
しか~しっ、このままだと本トに・・・・・・ヤバい感じ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
やっと、重い腰を上げました!!
今年は何とか色々なネタをこのブログにアップしていきたいと思いますので、皆様よろしくお願いします。

さて、そんな私junjunは今度の日曜日2月3日に”霧島ロイヤルホテル”で行われます、ウエディングフェアの司会で
お邪魔させて頂く事になりました!!今回のフロアファッションショーには何と台湾モデルの”ユン”くんと、鹿児島出身で
現在は東京で活躍中のモデルタレントの”槙原あこ”ちゃんがゲスト出演します!!実は私個人的にも超楽しみなんです。
あこちゃんは東京の大きなショーなどにも出演経験があり”ぷっすま”や”ライアーゲーム”にも出演してたんですよ!
ユンさんとは2回目のお仕事ですが、超あま~いルックスで、日本語も上手な好青年です!
結婚の予定のない方も、もちろん大歓迎ですし、お友達同士やご家族でも遊び感覚で参加できるフェアなので是非みなさん
来て下さいね。ちなみに”婚礼料理試食会”もあるので是非予約して遊びにきて下さいね。その予約の時、ここだけの話・・・
「FMラジオ聞きました」と言って頂けると、プレゼントがあるそうです(*^_^*)
私junjunもその日は”バスガイド”ならぬ”ホテルガイド”もやる予定なので、たくさんのみなさんに遊びに来て欲しいな(^_-)
待ってますね!!

では、また近々ブログ更新出来るように、頑張ります!!

投稿日時:2013.01.29() 17:21:00|投稿者:koike コメント(12)

昭和30年代へタイムスリップ!!

祐太朗です!

モニマ+地域ニュースで、現在 都城歴史資料館で開かれている
「家庭電化製品と暮らしの変化」昔の道具展を紹介しました。

会場には、昭和30年代を中心とした家電製品など、およそ40点展示されています。
ほとんどが市民の皆さんから寄贈された物です。
昭和30年ごろは、家電製品が徐々に販売されてきた時期。
大型の白黒テレビや、冷蔵庫、手動の選択しぼりが付いた電気洗濯機など
昔なつかしい物が並んでいますよ。



正直テンションあがりました!現在では、なかなか見られないものがズラリと並んでますからね!



電気ゆで卵機にはおったまげましたが!!(↓今、ありますっけ?)

また、時代の流れや暮らしの変化を感じてもらおうと、洗濯板やたらい、火鉢や足踏みミシンなども展示されています。



「家庭電化製品と暮らしの変化」昔の道具展は、
4月14日まで都城歴史資料館で開かれています。

※都城歴史資料館の許可を得て、撮影・掲載をしています。

投稿日時:2013.01.25() 19:06:00|投稿者:arimitsu コメント(40)

春はもうすぐ・・・

祐太朗デス‼

今日、取材の帰り道、都城市立図書館前を通りまして、空を見上げると…

咲き始めてるではないですか、図書館の寒桜!
まだ、つぼみが多いですが、この時期が、やってきましたねー(^O^)



去年は、2月中旬ごろ満開でしたが、今年はいつになるかー!

乞うご期待(^_-)

 

投稿日時:2013.01.22() 23:23:00|投稿者:arimitsu コメント(39)

1月22日・中継コーナーのおさらいです。

田口です。


今日の「素敵に764(なろうよ)」中継コーナーは、都城市上川東2丁目・小川屋 都城店から、恵方巻を紹介しました。


小川屋は料理仕出し店として、大正7年・宮崎市に創業され、おととし9月に都城店を開設。
お昼の日替わり弁当から折詰、オードブル、会席料理を作っています。


もうすぐ節分。小川屋では、恵方巻の予約を受け付けています。
種類は3つ。
・大きな手焼き玉子焼きが入った恵方巻 500円
・ぷりぷりの大きなえびが入ったレタス巻 600円
・海鮮7つの具がたっぷり入った七福巻 980円  
※価格はすべて税込です。


予約は2月2日までです。
詳しくは、
小川屋 都城店
都城市上川東2丁目10-2
電話0986-36-6665


ぴあらいふ宮崎 小川屋 
宮崎市柳丸町144
電話0985-32-3322
までお問い合わせください。


今年の恵方は「南南東」です。

投稿日時:2013.01.22() 19:18:00|投稿者:taguchi コメント(26)

今週の「快適!住まい情報」は・・・?

田口です。


今週の「えのきリフォームの 快適!住まい情報」は、都城市太郎坊町のリフォーム現場を紹介しています。

今回は、断熱工事の現場です。
今回のご自宅は、40坪を越える、純和風の家。築年数は20数年ほどです。


家主様が断熱工事をしようと思ったのは・・・・?
ちょうど1年前に、お兄様がご自宅をまるごとリフォームした際、ご兄弟で語っていたときに、お兄様から「(家を)リフォームしたら」と言われたのがきっかけだったそうです。


工事は、床下から暖かくしようと、床下に潜り込んで、断熱材の取り付け。断熱材は、
昨年10月5日にfacebookとblogで紹介した「スタイロフォーム」が使用されています。


窓ガラスはサッシに2枚ガラスを取り付け、空気層を広めに。


茶の間のすぐ横にある階段には、建具が取り付けられます。従来、暖房をしていても茶の間から階段へ
暖かい空気が流れていました。建具を取り付けるだけで空気の流れも随分変わるそうです。
(榎木社長が持ち上げている建具です。15kgぐらいあります。)


こういった断熱工事の場合、朝から始めて、日が暮れるころには終了します。


「えのきリフォームの 快適!住まい情報」・「太郎坊町・断熱工事篇」は、今週金曜日まで、
朝9:54~9:59放送します。
ぜひお聴きください。


投稿日時:2013.01.16() 09:40:00|投稿者:taguchiコメントを書く

田口です。(1月15日・中継コーナーまとめ)

田口です。


今日の「素敵に764(なろうよ)」中継コーナーは、都城市下川東1丁目・浅井万十店から、いちご大福と
いちごが入ったシューフレーズを紹介しました。


考えてみれば、きょう1月15日は、月に一度の「いちごの日(?!)」でもありますね~。
浅井万十店では、いちご大福は24年ほど前から、シューフレーズは4年ほど前から季節限定で販売しております。


いちごは地元で収穫されたものを使用。ほんのり酸味があるいちごは、甘いあんこと、カスタードクリームには絶妙な組み合わせなのです。


いちご大福は1個130円で、シューフレーズは120円で販売しています。
ぜひご賞味下さい。


浅井万十店
都城市下川東1丁目6-5-2
電話0986-22-2479
営業時間は午前9時から午後7時まで、定休日はございません。


写真はシューフレーズです。おいしそうですね~。

投稿日時:2013.01.15() 18:35:00|投稿者:taguchi コメント(17)

超大物演歌歌手と2ショット(*^^)v

まずはワダケンさん、コメントありがとうございます。
僕のモノマネも似てないのでどうぞお気軽に。
僕の店で録音させてもらいますので遊びに来てください。

さてさて、2ショットのお相手は都はるみさんです。
いい表情のショットを撮るために30回はパシャパシャやりましたが
都はるみさんは嫌な顔ひとつせず付き合ってくださいました!
ありがとうございました!



番組中にも何十回も撮り続けるシツコイ僕の撮影に
生暖かい目線で協力していただいた田口アナウンサーに感謝!
一番ましだった2ショット写真を掲載します。
それにしても僕も41歳、本当にオッサンの年齢になった。
これから緩やかにますます、体のアチコチが劣化していくことだろう・・・・
ほかの写真は目も当てられないほど顔が丸かったり
オニギリのような輪郭だったりひどいものだった。
今年はこれ以上太らないよう日々節制しないと!

//////////////////////////////////////////////////////////

さて、1月9日、10日の曲リストはこちら!

1:ヨイトマケの唄 美輪明宏
2:黒蜥蜴の歌  美輪明宏
3:湯豆腐の歌  美輪明宏
4:ふるさとの空の下で 美輪明宏
5:栄冠は君に輝く 伊藤久男
6:また逢う日まで 尾崎紀世彦
7:困るのことよ  都はるみ
8:アンコ椿は恋の花 都はるみ
9:涙の連絡船     都はるみ
10:レモン月夜の散歩道 都はるみ
11:好きになった人    都はるみ
12:王将一代小春時雨  大和さくら
13:湯島の白梅 小畑実 藤原亮子
14:姿三四郎    村田英雄
15:おふくろさん   森進一
16:花と蝶      森進一

////////////////////////////////////////////////////////

番組中にとあるリスナーさんからメールを頂きました。
「ディック松山さんへ」と書かれてありました(笑)

ディックを名乗るための資格にも、届いていないのに・・・
ビッグじゃないのにディック???

DJ黒木さんも僕に会うたびに「ディック!」「ディッキー!」と叫ばれる。

番組中に「ライバルは氷川きよし」「ライバルはミスチル桜井」と公言し
無理とは思いながらも昭和歌謡貴公子的なものを目指していただけに、
いったいどこに僕は向かっているんだろうと思いながら、
まあディック松山も時にはいいだろう思いながらここらで。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////


バレンタイン商戦が終わるまで1ケ月強、ブログは小休止させていただきます。

投稿日時:2013.01.09() 19:59:00|投稿者:matsuyamay コメント(19)

紅白歌合戦 2012年に思う

昭和歌謡研究家の松山慶彦です。早く研究家から評論家に昇格できるようガンバります(泣)

さてさて、昨年の紅白歌合戦、ご覧になりましたでしょうか?
日本歌謡界最高峰の位置付のこの番組、やはり素晴らしいお仕事をされました。

「一番印象に残った歌は?」のアンケートでは美輪明宏氏のヨイトマケの唄がトップだったそうです。
この結果に僕は実に満足しています(ハッハッハー(^O^))
というのが昨年の昭和歌謡玉手箱でこの曲を推していたからです。
推しメンならぬ推しソンです。

美輪さんといえば田口アナのモノマネ 「は~なぁたぁの前世はね!!」 の
オーラの泉での金色を基調としたあのきらびやかすぎるファッションが特徴ですが
今回のステージでは髪も黒、服装も黒の実にシックな出で立ち。
衣装の豪華さを競う感のある紅白の真逆を行く
時代のアンチテーゼ的ステージでした。
それだけに、衣装に頼らない、
「聴かせる本物の歌唱力とメッセージ」
を披露されたように思います。
感動して涙を流した視聴者も多かったとか。
僕も美輪さんのオカルトチックさや派手な色使いファッションはやや苦手ですが、
この曲のメッセージ性と歌唱力には敬服です。すごすぎる~~~

また、巨額の費用を投じてアフリカからの中継やその他、
大晦日の日本に本物の歌を届けようという姿勢にプライドを感じました。

ついでに、公共の電波で下ネタ連発の某バンド(?)をきちんと叱ったのもしかり。

DJ黒木さんが以前仰っていましたが
所謂バブルガムミュージック、作られては消費されすぐに消えてゆく歌と
大人のための歌と両方が必要であり、日本には前者の比率が多すぎるのが問題であると。

そう言う意味で、今回の紅白、バブルガムと
大人に聴かせる歌とバランスを取ろうと尽力されたように思いました。

で、チョーシに乗って、今年の僕的推しソンをここで書いてみます。
ズバリ!森進一の「おふくろさん」と川内康範の作った曲です!
おふくろさんは、モノマネで推してるわけではない!
おふくろさんに歌われる世界観が今の日本にピッタリマッチしてるように思うのです。

まずは、親を思う思慕の念。そして
♪お前もいつかは世の中の傘になれよと教えてくれた♪
♪お前もいつかは世の中に愛を灯せと教えてくれた♪
見事な時代へのメッセージソングだと思う。

子供に、拝金主義の背中ばかり見せる現代社会において
これは何度もヘビロテしたい。

あとは川内康範の仏教観に基づいた歌詞の世界です。
なにがすごいかって,人間の様々な営みについて
ドキッとするほど真髄を突いた表現が満載なのですよ。
まあ一度彼の曲をしっかり聴いてみたら、大人なら分かります。
川内康範の表現したものは殺伐として乾ききった現代日本に、
必ず本物の癒しを与えてくれるはず。
ということで、9、10日の昭和歌謡玉手箱で少し特集してみます!

プラス、リスナーさんからRQいただきました
都はるみと浪曲歌謡もお届けします。
今年は、股旅歌謡と浪曲歌謡に歌われた世界観も推していきます。
日本人のDNAに脈々と流れる侘び寂び、義理と人情がそこにはあるのだ!
古きを訪ねて新しきを知る温故知新、そして時代は繰り返す ってやつですね。


投稿日時:2013.01.08() 00:19:00|投稿者:matsuyamay コメント(17)

最近のコメント一覧

パーソナリティリスト