氷で涼♬

こんにちは♬ ゆうたろうです!
7月になりました!
これから真夏に向けて進むのみ!!!
暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い・・・。

ということで、今回のブログは みなさんにをお届け♬

6月29日に 都城調理師高等専修学校の1年生が、氷の器を作りました。
学校では、料理を引き立てる演出を学ぼうと毎年 氷の器づくりを行っています。

学生らは、まず氷彫刻の利点や気をつける事など話を聞き、午前10時頃から、制作にかかりました。

 
当日午前10時の都城の気温は、30、3度
青空が広がる中、学生は グループに分かれ 講師の方に教えてもらいながら 作業を進めていきました。

用意された氷は、140キロで、8等分したものをそれぞれ使いました。
まず、四角い氷のいらない部分をノコギリで切り落とし
その後、木の葉の形になるようにノミで削っていきます

それでは、氷の器にズームイン!!

ん〜〜〜〜、もっとズームイン!!! 
 
みなさん氷を見ながら想像してください♬

学生らが、ノミを使って削っていきます。

シャシャシャシャシャシャシャシャ

シャリシャリシャリシャリシャシャ

暑さで、つめた〜い氷が溶けていきます♬ 

太陽の光で氷が輝いています♬


氷が削れるところに水が混じり「シャリシャリリシャリリシシャシャシャシャシャリ」 
触れると冷やっ!!

木の葉の形に出来上がった氷の器には、バナナとリンゴが盛られ、
学生らは 器で冷えた果物を美味しく食べていましたよ!

あ〜、氷の器に頬をあてたい!!!!!!

みなさんいかがでしょう、少しはが届きました?

以上、涼ブログでした♬ 

投稿日時:2011.07.01(Fri) 20:22:42|投稿者:arimitsu