04APR 2012 昭和歌謡玉手箱

三股町の昭和歌謡研究家・松山慶彦です。
今日は今年初の完全オフ日にしようと考えてましたがあえなく断念。
開店前にエプロン着て、つるつる坊主の上にオシャレハット。
ハット気がついた。この柄ってルービックキューブみてーだな。




休まないのには理由があるのです。
今春から念願の世界のチョコレート卸業務に
本腰を入れることができるようになったのです。
都城近郊の道の駅・公共施設・温泉施設・パチンコ屋・デイサービス所などで
リボンとこのロゴのついたチョコレートやお菓子を見かけたらぜひぜひご贔屓にお願いいたします。
このロゴがチョコレートに愛を載せてプレゼントしていただく
シンボルになることを願って日々日夜頑張っているのです。
世界のチョコレートidentity=愛伝呈々

さて、昨日の昭和歌謡玉手箱のレポを。
オープニングは小唄勝太郎(女性)の「島の娘(S8年)」。
背筋がゾクゾクするほどの妖艶さ、情感・・・・
戦前の歌謡曲って、す、す、すげえ!
2曲目が森進一の歌う「島の娘」。
戦前と戦後の一世を風靡した名歌手の共演です。
他に、「涙の渡り鳥(S7年)」。「別れの夜汽車(s25年)」。






作曲家の佐々木俊一氏。戦前戦後の数々の名曲を生み出したヒットメーカー。
曲作りに一切の妥協を許さない職人だったそうです。
「島の娘」の作曲者。この昭和歌謡史に残る名曲・名唱を生み出したエピソードを番組で語りました。




昭和カフェに来てくださった南九州大学の林典生先生をパシャリ。
円広志氏のご親戚ということでエピソードを伺い録音。
円氏のwikipediaには
目が点になるようなエピソードが満載だった。

大阪の京橋でよくカツアゲにあっていた。奥さんに助けてもらっていた。
毎朝、ほしのあきのコスプレポスターにおはようのあいさつをしている。
チェジウと久しぶりに胸が熱くなるような恋がしたいというのが夢
住宅街をうろつき、洗濯物をみるのが趣味。などなど。

林先生に電話でこのことを話しましたら「彼は半分芸人ですからね」とおっしゃっていました。
後日、南九州大学の現状やこれからの展望について先生にインタビューを申込みたいと考えています。




リスナーさんからのRQ,鶴田浩二・舟木一夫・沢田研二・三波春夫・三沢あけみの曲をかけました。
個人的に好きな論語コーナーもいろいろ語らせていただきました。
この時代の曲って本当にクオリティ高いですよね!
///////////////////////////////////////////////////////////////////

●番組では言えなかったこと●
たくさんあるのですが、数日後に書きます。


投稿日時:2012.04.05(Thu) 20:49:39|投稿者:matsuyamay