パーソナリティブログ

2015.06

西日本新聞掲載 届かぬ便り 神田橋貞夫氏








先日紹介しました、都城市久保原町の神田橋貞夫さんの
娘さんへの思いを楽曲にした「届かぬ便り」が
2015年6月16日の西日本新聞に掲載されました。

80を過ぎても挑戦を続ける神田橋さんは
これからこの歌をいろんな場所で歌っていくとのことでした。

昨日ですが、僕のいる世界のチョコレート アイデンティティの昭和カフェに
よく来てくださる75歳のお客さんに、
「番組に出てみませんか?」と出演ナンパしてみました。
そのお客さんは、ご家庭の事情で高校に進学できず
そのことを亡くなったお父様が死の直前まで悔いておられたそうです。
70を過ぎて定時制の高校に入学、
10代の若者に交じって生徒会長に立候補して当選
そのことが2014年の元旦の宮崎日日新聞の記事に紹介されていました。

死ぬまで青年でいたいと元気いっぱいであるその方に
電波を通じて世の高齢者世代のみならず若者世代へも
張本勲氏に負けない「喝!」
を入れていただきたいと思っています。
(出演してくださるかはまだわかりませんが)



神田橋貞夫さんやこのお客さんのような、死ぬまでチャレンジを続ける方々を
もっともっと紹介できるようなことがこれからもできればと思っています。

ちなみに上の写真は昭和カフェのテラスの一角です。
かなり頑張ってデコレートしたのでお世辞でいいので
頑張ったなと褒めてやってください笑


投稿日時:2015.06.26() 22:56:28|投稿者:matsuyamay コメント(28)

かつての日本人

昭和歌謡の歌手たちは皆一様に歌が上手い、それはもはや、超人の域である。
しかしながら、歌手ではないカテゴリの人たちが歌う昭和歌謡に
番組中思わず聴き入ってしまうことがよくあります。
例を挙げれば、高倉健、鶴田浩二、森繁久彌、古賀政男、etc・・・・
歌は心で歌うもの、と船村徹氏もおっしゃっていますが
その歌い手が持つパワーが、歌のテクニックを凌駕して聴き手の心を揺さぶるものだと解釈しています。

僕が故高倉健氏を語るには余りにも僭越ではありますが、あえて・・・
彼が生前語ったらしいのですが、映画における心構え
俳優が普段何に感動し感謝して生きているのか、何を目指して生きているのか
そういった生き様がテクニックを超えてスクリーン越しに観客を感動させると語ったらしく、いたく共鳴した記憶があります。
というのが、僕は、鶴田浩二・高倉健・藤純子・若山富三郎といった面々の任侠映画が好きであり






写真のとおり、スクリーンが圧倒的映像美、様式美に溢れているのも勿論ですが
出演者の立ち居振る舞い、仕草、姿勢、そして描かれている人間関係の美しさにも魅了されてしまったのです。

平成27年の日本、特に団塊の世代以下の年代層にはもはや歴史博物館資料となってしまった概念
義理人情、自己犠牲、一宿一飯の恩義、渡世の仁義などがこういった映画にはパンパンに詰まっています。

写真の網走番外地や緋牡丹博徒では高倉健氏は、実にかっこいい。では、何がカッコいいのか?
一言で言うと、正義の味方、行動規範が正義に基づいたものであり、弱者に優しく強いものに媚びない
魂の部分で信用できる誠実さ、といったものを芝居で表現されているところだと思います
己の行動が醜くないかどうか、美しいかどうか、お天道様に顔向けできるかという武士道ですね
おそらく、昭和の人々が限りなく高倉健氏へ向けるオマージュの根源はそういった
かつての日本人が持っていたエモーションへの愛借の念なのではないかと推測します

そういった彼の哲学がやはり歌にも現れていて、「望郷子守唄」を聴いたときは鳥肌が立ちました
♪どうせ世間からはじき出されたはんぱ者、いまさらどうにもなりゃしねんだ
どうしてこう俺ら出来が悪いかな かあちゃん、許してやんな♪
歌の途中で入る語りの部分です
昭和歌謡とは、決してヒーローではない、人生の王道を歩めなかった一般庶民の
慰めになるような、悲哀を掬い取って流してくれるような存在だと思っています
彼が映画や歌で表現した、ヒーローでなかったり日陰者と呼ばれる人達への
優しい眼差しが、これほどまでに昭和世代を虜にした源泉なのではないかと思います




ところで、ある極道の方が語ってらっしゃったらしいのですが
現実では、映画における鶴田浩二氏や高倉健氏タイプは生き残れないとのことでした笑
義理人情に傾きすぎるからだと。

下は僕のいる世界のチョコレートidentity内の昭和カフェです。
書斎をイメージして作りました。ここにこのような映画ビデオやレコードや
音源があり番組で使用しております。



余談ですが、下は、三島由紀夫氏の演説やインタビューを収録したレコード
なかなかレアものですね笑
彼は、人生最後の日、市ヶ谷駐屯地へ高倉健氏の唐獅子牡丹を聴きながら向かったそうです
やはり彼も、かつていた、もはやどこにもいない日本人といいますか
強烈な武士道に基づいた美意識の方でした



さらに話は変わり、ときおり番組へリクエストを頂くのが大利根月夜です
バタやんの声には涙がある、と古賀政男氏が仰ったという伝承があります



田端義夫氏は、実に極貧の中で育ったそうです
彼の歌を聴くといつも思うのですが、限りなく悲しくそして優しさのエモーションが歌に含まれています
一杯のご飯を涙を流しながら食べたという体験、戦後の極貧の家庭の悲しみ、苦しみ、世間の風の冷たさ
その個人的なペーソスが歌に潤いをもたらしているのだと推測します。
やはり、もはやどこにもいない日本人歌手だと思います
彼の歌う大利根月夜は、天保水滸伝の平手造酒の人生を歌ったものですが
侍から用心棒に落ちぶれても、武士の矜持を失わなかった平手造酒の最後は余りにも壮絶で美しい
本当の辛酸を舐めた田端義夫氏だからこそ歌える歌なのだと思います



僕の店には、小学生から70代まで、ほぼ全世代の方々がお越しになられます。
ここ数日、ゲームで育ったゲーム脳の20歳前後の若者のお客さんが多く
彼らの思考回路に改めて驚き考えさせられています
こういう話題を書いたのは実は理由がありまして、近い将来、こういったゲーム脳の若者へ
昭和世代の美学や矜持を昭和歌謡を通じてわかりやすく伝えるようなことがしたい、
僕がその作業をゲーム感覚で行うことができたら楽しいだろうなとそういう野望が芽生えているからです

ただ、そういった野望と並行してもっと自分を磨かなければなりませんが笑日々精進ということで笑
ではここらへんで

投稿日時:2015.06.16() 00:06:36|投稿者:matsuyamay コメント(20)
松山慶彦ブログ

最近のコメント一覧

パーソナリティリスト