23MAY 2012 昭和歌謡玉手箱

♪骨まで~骨までえ~骨まで愛して~~♪
と、今日は僕も大好きなあの名曲 骨まで愛して を流しました。

骨まで愛せたら、愛されたらまさに男冥利、女冥利に尽きますよね笑

さて、この曲の歌い手は僕の最大のライバルである氷川きよしと
(向こうは僕のことをライバルと思ってないが)
S41にこの曲を歌った城卓矢のお2人です。

この曲を作詞した川内康範氏は、おふくろさん騒動や耳毛などで有名です。
それにしても彼の作った歌の世界の素晴らしさから離れたところばかり
クローズアップされててとても残念であります。。。

実は彼は月光仮面の生みの親でもあり、
番組で出たフレーズ 「憎むな殺すな赦しましょう」といった
仏教に基づいた思想は殺伐とした現代にもう一度注目されるべきものだと思います。
月光仮面に描かれた、正義は必ず勝つという勧善懲悪の世界は
青臭いと見る向きもあるでしょうが
これほど正義や情が廃れた今の日本において、川内康範氏の残したものは
ますますその輝きを増す金字塔であると思います。

他にも

恍惚のブルース 青江三奈 
おふくろさん 森進一 (笑う人が多いがこれは素晴らしい曲なんです)
誰よりも君を愛す 松尾和子 和田弘とマヒナスターズ

などなど人間の深い情を表現した川内康範の世界は目眩がするほど美しく凄みがある!
近いうちに川内康範特集を組みたいほどであります。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

さて、この日の番組では先日取材に伺った、都城市立野町の
通所介護・くつろぎ 
での演奏コンサートの模様と
入居者の方々のインタビューとリクエストを流しました。

曲リストはこちら!

1:無法松の一生 s33 村田英雄
2:講道館の鬼 s38 村田英雄
3:りんどう峠 s30 島倉千代子
4:からたち日記 s33 島倉千代子
5:骨まで愛して s41 氷川きよし
6:誰か故郷を思わざる s15 氷川きよし
7:骨まで愛して s41 城卓矢
8:誰か故郷を思わざる s15 霧島昇
9:私の回転木馬 s33 岸洋子
10:希望 s45 岸洋子
11:枯葉 岸洋子
12:枯葉 越路吹雪
13:ラストダンスは私に 越路吹雪
14:そよ風の歌 s30 藤山一郎
15:愛して愛して愛しちゃったのよ s40 田代美代子 和田弘とマヒナスターズ

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

インタビューさせていただいたある方が
岸洋子さんの曲を聴くと、今の時代の若者の曲なんて聴けない と仰っていました。
まぁ確かに、今のヒットチャートには10代や20代の若者の
作るブログのような曲が本当に多いですな。

皆さんが異口同音に仰るのは、特に作詞がダメだ ということなんです。
叙情的・詩的表現や優れた短編小説の宝庫だった昭和歌謡曲に比較して
意味の繋がらない言葉や英語の羅列の作詞が多いのが最近の曲だと。

聴いてても心にスッと入り込んでこない。むしろ聴くのが苦痛であると。

おおむね同感ですね。
学芸会レベルの歌がこれほどトイレットペーパーのように使い捨てされる時代は
おそらくかつてなかったのではないでしょうか・・・・・

もうちょっと、大人の歌手の歌う大人の曲、息の長い曲
日本人皆の心をつなぐような歌が
もっと多く発売されてもいいものなんですがねえ。
(もちろん現代にもいい曲はあるが数が少ない)

歌は世につれ 世は歌につれ
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あとがき

実は 「骨まで愛して」 という食べ物があるらしい。
魚の干物なのだが、骨が柔らかくて全部食えることから
この名前なのだそうだ。

チャンスがあったら一度食ってみたいものである。。。。。

投稿日時:2012.05.24(Thu) 21:15:39|投稿者:matsuyamay