13JUN 2012 昭和歌謡玉手箱

最近は備忘録的活用の仕方もあるのだなと思いつつ
ブログを書いております。
こんにちは。昭和歌謡研究家の松山です。

昭和の憧れの職業といえば、何を思い浮かべますか?
プロ野球、芸能人、学者、パイロット、etc
そして、船員・マドロスもそんな昭和の憧れの職業の一つでした。
まだ旅客機での海外渡航が一般的ではなかった時代、
船員・マドロスといえばまだ見ぬ外国のシンボルでもありました。
波止場、霧笛、海、酒場、喧嘩、女、を題材にした
マドロス歌謡というジャンルが昭和歌謡の中にあったのです。

今回は、マドロスとして世界の七つの海を駆け巡り
北朝鮮とロシア以外は全て寄港したという、
三股町ご在住の木下一義さんをゲストにお迎えしました。

写真はヨーロッパの油田に寄港したときのもの



こちらはアメリカ東海岸にて



木下さんは一等機関士として、
30万トンの石油タンカーのメカニカルな部分の
メンテナンス管理などの責任者でした。



30万トンの石油タンカーといえば400m x 80m のサイズです。
(デカッ!!!)
野球の試合ができますな。
タンカーは長崎の三菱造船所にて建造されたそうです。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

木下さんのゲストトークに合わせて、今回はマドロス歌謡特集を組みました。

1:憧れのハワイ航路 s23 岡晴夫
2:口笛が聞こえる港町 s33 石原裕次郎
3:俺は待ってるぜ 石原裕次郎
4:港町十三番地 s32 美空ひばり
5:流転 s12 上原敏
6:妻恋道中 s12 上原敏
7:上海だより s13 上原敏
8:グッドナイトベイビー s43 キングトーンズ
9:肩で風切るマドロスさん 田端義夫
10:風は海から吹いてくる 赤木圭一郎
11 ひばりのマドロスさん 美空ひばり

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この写真、いいっすねー
当時はブルースリーブーム、
そして梶原一騎の空手バカ一代ブーム
沢村忠、芦原英幸、アントニオ猪木、ベニーユキーデ・・・
キラ星のごとく、格闘技のスターがいましたね!
木下さんは沖縄空手の2段の腕前です。
NO SMOKING と書かれた船のデッキでの練習風景。
(原油積んでるのでタバコ厳禁)

なんだか大山空手道場の雰囲気ですね。
(マニアックですみません)
木下さんは 地上最強のカラテ が封切られたときも
映画館に観に行かれたそうです。
映画の中で貫手で熱した砂を突くシーンがありました。
その真樹日佐夫さんと同じ練習を木下さんもしたそうです。
(マニアックですみません)

僕もウイリーウイリアムスの熊殺しや
大山総裁の牛殺しまではいかなくとも

野生動物に素手の真剣勝負で勝てるのか

映画の中に出てくるシーン
時速70kmで向かってくる自動車を飛び越えることができるか

10円玉を親指と人差し指でクニャッと折り曲げることができるようになれるか

など、超人を目指して真剣に考えていた少年時代がありました。
(変人ですみません、現在はもちろんそんなことは考えてません)


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

木下さんは海賊にも遭われたそうです。
マラッカ海峡といえば、マレーシア・シンガポールのあるマレー半島と
インドネシアのあるジャワ島との間の海峡。
商船を狙った海賊が横行して話題になりましたね。

深夜、マラッカ海峡を航行中、闇に乗じて小さな船が
高速で石油タンカーに近づいてきました。
投げ縄を使い、スルスルとタンカーの甲板に登ってきたのはマレー人の少年。
木下さんが鍵をかけ忘れていたところ、部屋に侵入してきたそう。
大きな蛮刀を背負い、真っ黒に日焼けしてあどけない瞳の海賊少年は
金目もの、ラジオや電気シェーバーや現金2万円ほどを奪い、
闇の海へ去って行きました。
幸い木下さんに怪我はなかったそうです。何よりです。

日本の商船には海賊対策マニュアルというものが存在するそうです。
決して逆らわず、素直に金品を渡す。
海賊用に最低1万円は財布に用意しておく。など。

しかし、お国違えばなんとやらで
ロシアの船などは海賊が来たら逆に襲い掛かって海賊を海に斬り捨てることもあるそう。
やられたらやり返せの精神のロシア船には海賊も滅多に近づかないそうです。
おそロシア・・・・・・・

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

高度経済成長時代のオイルビジネスですから、とにかく儲かったそうです。

日本→マラッカ海峡→スエズ運河→サウジアラビア寄港
→アフリカ大陸ケープタウン希望峰通過→フランス・オランダロッテルダム寄港
→英国の北海油田→大西洋横断→アメリカNYC・フィラデルフィア寄港
→メキシコ油田→パナマ運河→インド洋→日本

上記は大まかな石油タンカーのルートです。
途中で2ケ月の休暇許可が取れたら、破格のサラリー手にして
現地解散、そして観光しながら帰国されたそうです。

そして、ヨーロッパとアメリカ以外の国は
とにかく物価が安かったということで
大変羽振り良く過ごすマドロスさんも多かったとか。
いい時代だったんですね。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

木下さんは現在、宮崎県警と連携して、
三股町の青少年の非行問題に取り組む会の
会長を務めてらっしゃいます。

世界各地を回って得た知識、見識、
そして胆力、そういった財産を
三股地域の青少年たちにぜひ伝えて欲しいものです。

木下さんの許可を得て若い頃の写真を。
モノクロでセピアな写真は昭和のよき時代を偲ばせてくれます。

投稿日時:2012.06.14(Thu) 22:38:34|投稿者:matsuyamay