ディック松山・・・・・・

7月18日の昭和歌謡玉手箱・ディックミネ特集を受けて
とあるリスナーさんからいただいたメールが妙にツボに入ってしまいました笑

ディックミネさんの名前の由来は有名ですよね~
羨ましいですよね~
松山さんも「ディック松山」と呼ばれてみたいですか?

●松山さんも「ディック松山」と呼ばれてみたいですか?●

このフレーズが1週間経っても頭から抜けず困っています。

何故かDJ黒木雄一郎さんがこのメールを読んでいて
早速僕に満面の笑みを浮かべて ディック松山 と呼んでくれました・・・・・

さて、本日、7月25日の昭和歌謡玉手箱の曲リストはこちら!

1:ドンパン節 s10年頃 秋田民謡 江利チエミ
2:山男の歌 ダークダックス
3:そよ風のビギン s29 小畑実
4:星影の小径 s25 小畑実
5:星影の小径 s25 ちあきなおみ
6:星影のワルツ s41 千昌夫
7:見上げてごらん夜の星を s38 坂本九
8:湯の町エレジー s23 近江俊郎
9:山小屋の灯 s22 近江俊郎
10:悲しき竹笛 s21 近江俊郎
11:恋のフーガ s42 ザ・ピーナッツ


さて、本日のゲストは、4月にもゲストでお越しくださった
四月一日 三事(わたぬき みこと)さんです。

写真位置 ココ はのちほど


四月一日さんは以前、ウルトラマンのようなヒーローものの
舞台でのお仕事をされていました。

ウエットスーツのマスクに急な夕立のため雨水がたまりすぎて、
陸上なのに溺れ死にそうになったこと

介護のお仕事の時に体験された、
愛する妻のために名曲・星影のワルツをハーモニカで吹かれた旦那さんのエピソード

今夏公開の映画「その夜の侍」の主題歌、UAの星影の小径のエピソード

などでトークを進めてまいりました。
四月一日さんはご自分で台本を書いてくださるほど情熱と能力を兼ね備えた人です。
なので僕はいろいろ助かります。
四月一日さんがゲストの時は、ホント、ラクチンです笑

星影の小経は、60年前の曲なのにメロディに時代ズレがないどころか
むしろアバンギャルド的(というか表現おかしいかな?)
時代の先を行った感の美しく艷やかな曲です。

話題の映画の主題歌にピックアップされるのも納得のクオリティです。

番組中に早速リスナーさんから、この曲について感想メールが届きました。
やっぱいい曲は時代を超えて愛されるんですね!

♪アイラブユー アイラブユー♪という昭和25年当時には珍しいフレーズ
♪あなたの囁きはアカシアの香りよ♪な~んてロマンチックなんでしょう!

小畑実、ちあきなおみ、どちらも素晴らしい名唱、
番組中思わず聞き惚れてしまいました。

投稿日時:2012.07.25(Wed) 22:33:48|投稿者:matsuyamay