お盆特番:昭和歌謡玉手箱のお知らせ

まずはワダケンさん、コメントありがとうございます。
和田アキ子さんの曲、いいですよね。
日本のレイチャールズとよばれるゴッドネエチャン、素晴らしいですよね。

♪ ハ の頃は ハッ!
古い日記 と 

♪ハ の鐘 ホ~ 鳴らすのは ハ なた~
あの鐘を鳴らすのはあなた、

8月22日の昭和歌謡玉手箱で流します。

//////////////////////////////////////////////////////////////

8月13,14,15日は、昭和歌謡玉手箱のお盆特番を組んでいます。

●都城弁で歌う昭和歌謡曲
1:小指の想い出(これまたキワドイ歌なんだな!)
2:お祭りマンボ
3:東京だよおっかさん
を、流します。本邦初公開?だと思いますよ。

●都城弁にこだわったトーク、
1:薩摩狂句の秀逸&爆笑作品の紹介
2:都城弁の東京での失敗談
3:東京オリンピックの頃の都城の話
などを予定しています。

都城弁の達人:三股町議員・桑畑浩三さん
薩摩狂句の達人:山本哲也さん
アコーディオンの達人:有村正章さん
シャンソンの達人:持永初子さん
都城弁の達人:DJ黒木雄一郎さん

大先輩方に混じって、番組を進めさせていただきます。
(俺でいいんでしょうか?)
こちらの特番もどうぞお楽しみになさってください。

////////////////////////////////////////////////////////////

ご希望通り、戦前や戦中の曲もこれからどんどん
プッシュして流していきます。

昭和の歌謡曲の特徴は、
歌詞が素晴らしい、一つの曲が優れた短編映画である
ということだと思います。

作詞者の単なる心の叫びや日常生活を綴ったものではなく
人々を感動させるに値する詩的・文学的表現にあふれたものが
昭和歌謡曲だと思ってます。

むしろ、この頃の曲の方が名曲は多いですよ。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

投稿日時:2012.08.08(Wed) 19:19:19|投稿者:matsuyamay