昭和歌謡の時代がやって来た

まずは穴賀ホゲルさん、コメントありがとうございます。
今週は、所用によりお休みをいただいており、
火曜~金曜の12:00~13:50は
すべて前田プロデューサー/松山さんの昭和歌謡玉手箱でお届けいたします。

※前田プロデューサーはUMK時代に、
TV部門にて日本民間放送連盟の大賞
「石の証言 平和の塔の真実」
をはじめ数々の輝かしい経歴をお持ちの
名監督であり名プレイヤーである人物であり
この番組をプロデュースした人物でもあります。

小西康陽さんの番組は聴いたことがありません。
ぜひ聴いてみたいと思います。
番組を聴いて、参考になる部分を耳をダンボにして拾い集め、
自身のレベルアップに役立てます!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今回は、「昭和歌謡玉手箱」が誕生した経緯について書いてみます。
洗練されたイメージが売りのFMにて、
人生山あり谷あり涙あり義理人情に苦労ありの浪花節な昭和歌謡
というのはいささかミスマッチと見る向きも多いでしょうが

「昭和歌謡曲の番組は絶対に必要である」

というのは前田プロデューサーと出会う前からの、お互い一致した見解でありました。
そしてひょんなことから、土曜日のあの人気名物番組
「土曜ボンバラ」 盆地バラエティ
に定期的に出演させていただけるようになりそこから今に至るわけでございます。

昔から僕の周囲には昭和歌謡が好きな人が多く
そして彼らは、大人になっても目を輝かせて昭和歌謡を歌い、語り合う。
人生のそばにいつも昭和歌謡があり、励まし慰めてくれる
彼らのかけがえのない親友のような存在が昭和歌謡なのだと思っていました。

そこまで大の大人を虜にする昭和歌謡のパワーの凄さを僕は子供の頃から感じていたわけです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

日本の音楽CD離れが叫ばれて久しいのですが
CD販売は1998年の6074億円をピークに
2011年は2818億円と半分以下に落ち込んでしまっているそうです。
若年層はipodなどの端末にて何百何千という曲を収録する術を
持ってるのもCD離れの原因の一つです。

そして彼らの娯楽の中にラジオという選択肢が入ることは少なくなっています。

しかし、そんな中にも光明があると思います。
日本の総人口のおそらく半分は占めるであろう50代以上のシニア層です。
この年代は、良質なものは現物を見なければ信用しないという方々であり
こういった年代層に訴求する
【良質な成熟した音楽】
を作り流すことこそCD業界の再興のキーワードであり、
ラジオ番組をさらに盛り上げるためのキーワードであると考えます。

昨年話題になった由紀さおりさんとアメリカのジャズバンド,

投稿日時:2012.10.30(Tue) 20:26:00|投稿者:matsuyamay