たまにはチョコレートの話を

この12月で
鹿児島の情報誌LEAP、そしてBTVのピッキーチャンネル
この2社から、世界のチョコレートidenttityの取材をしていただいた。
来年早々に1ページを使用していただき掲載していただけるそうである。
♪有り難や有り難や 有り難や有り難や (守屋浩風に)
BTVと鹿児島市の方向には足を向けて眠れないな。

自分の店は本当に大したことがないと知っているので、
こういった依頼を受けるたびになんだか申し訳ない気分になる奥ゆかしい僕ではあるが
こういった取材を受ける際に毎回必ず聞かれる質問がある。

「どうしてチョコレート専門の店を開いたのですか?」

大昔、数年間だけ旅行の会社にいたことがあり、
これが唯一の会社員経験なのだがそこでの主な顧客は、
海外へ行き現地の衣料や雑貨や食材などを輸入して販売する
個人事業主や会社経営の方々であった。

そういった生き方に憧れたこともあり
海外旅行気分を味わえるパッケージのお菓子を、
現地の空気を味を雑貨感覚で提供できるようにしたい
そういった目的で世界のチョコを扱ったのだが、あとひとつ理由がある。

「人を幸せにする最強のツールの一つが世界のチョコである」

全世界、60億人にアンケートをとったとして、
地球上のあらゆる食べ物の中で一番美味しいものといえば
・・・・1位はチョコレートではないだろうか?
(異論があればお願いします!)
特に楠田枝里子さんのチョコに関する活動も手伝ってか、
ここ10年ほどでチョコレートの効能の素晴らしさが
科学されて実証されて世に発表されている。

中でも、ストレス解消、そして幸福感を与えてくれる効能がカカオポリフェノールにはある。
平たく言えば、一粒の美味しいチョコを口に放り込めばそれだけで幸せになれるってやつである。
チョコレートには不思議な魔力がある。それはどうやら本当のようだ。
大昔、カカオは神の食べ物と呼ばれていた。
チョコはそんなすごいものであり、最強で至高のツール、食材であり
混迷を極める現代において
チョコはますますその存在が注目を浴びてくるものだと思っている。

仕事をしてその報酬をいただく、ということは人の役に立つこと、幸せにすることだと思う。
美味しいラーメンやお菓子を提供して、または困っている人の問題を解決して
故障した体や機械を直して、報酬を得る。
であれば、人を幸せにすればするだけお金も入ってくるという単純な原理である。
なので、もっともっと美味しくて人を幸せにするチョコレートを仕入れたいし
いずれ、そういったチョコレートを探す旅に出かけるのが僕の夢でもある。

2012年12月 アイデンティティ撮影




そして、チョコレートと昭和歌謡とラジオはたくさんの共通点があると思う。

極上のチョコレートは舌触りが良く、口の中でとろりとトロける
極上の昭和歌謡は耳触りがよく、脳の中でとろりとトロける
ラジオ番組もそうだ。耳で味わう、パーソナリティの声や歌の作品(料理)である。

そんなわけで来年は、
聴いてくださる方の脳をとろりとトロけさせることのできる
極上のチョコレートのような番組に少しでも近づくために頑張ろうと思っている。
あとは、もっともっと諸県弁を取り入れることである。
誰か、諸県弁をコーチしていただけないでしょうか?(お礼はチョコレートで)

そしてもっと金を稼いで資本を強化して、
近い将来、新進気鋭のヨーロッパのショコラティエと
対等なパートナーシップを結び日本での独占販売権を
得ることができるようにもならなければならない。

有名なパリのショコラティエ、ジャンポールエヴァン氏である。
一度日本の店に行ってみたが値段には目が飛び出そうだった。
味も素晴らしい、ひたすら己とのレベルの差を感じたものである




まー身の丈に合わない大きなことを言ってはいるが
すべてはまず夢見ること、から始まるし夢見ない奴は何をやってもダメなのである。

今年、番組作りに協力してくださった多くの方々
店に足を運んでくださった様々な方々へ感謝しています。

投稿日時:2012.12.30(Sun) 22:59:00|投稿者:matsuyamay