60代以上のイデオロギー

5月22日は、三股町ご在住の原口しょう子さんがゲストでした。
原口さんは、昭和49年~数年間、宮崎交通のバスガイドをなさっていました。

この日も撮影できませんでした。(ハー自己嫌悪)

バスガイドさんといえば、昭和の憧れの職業の一つでした。
ニキビヅラの少年たちがバスガイドにドキドキしたり
可憐な?小・中女子がその仕事ぶりに憧れて、バスガイドを目指したり
昭和30年、40年代の女性の憧れの職業上位にランクインしていたようです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この日の曲リストです。
1:喝采 s42   一青窈カバー
2:東京のバスガール s32 初代ミスコロンビア
3:修学旅行 s38  舟木一夫
4:あこがれのハワイ航路 s23 岡晴夫
5:君たちキウイパパイヤマンゴーだね  s59 中原めいこ
6:逢いたいなぁあの人に  s32 島倉千代子
7:この心あるがぎり  s38 本間千代子
8:湖畔の乙女   s18 本間千代子
9:ミヨちゃん     s35 平尾昌晃
10:君こそ我が命  s42   水原弘
10:ど根性一代   s40 水原弘
11:夜霧よ今夜も有難う s42  石原裕次郎

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

原口さんがバスガイドになられたs49といえば
宮崎が新婚旅行ブームに湧いた最盛期です。
原口さんの語りから、その当時の熱気が伝わってきました。

当時、バスの中で観光客を飽きさせないためにいろんな歌を歌ってらっしゃったそうです。
中でも宮崎の民謡をよく歌われていたそうで

新婚旅行が背景の日南のシャンシャン馬道中
高千穂の草刈を歌った刈干し切り唄
椎葉の風習を唄ったひえつき節

以上、3曲を見事なノドで生唄披露してくださいました。

原口さん、肺活力かなり使われたことと思います。
3曲目は僕が強引にお願いしてしまった・・・
申し訳なく思い、今度お会いした時にお詫びしようかと思ってます。m(__)m

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

原口さんは収録数日前の打ち合わせ時に
「昭和の時代は本当に良かった」
と力説されていました。
現代は飽食で、子供にもスマホにゲーム機器にetc遊びも至れり尽せり
でも、人と人との生身の触れ合いが少なくなったと。

何でも学校に、
「物見遊山の修学旅行ではなく、ボランティア研修旅行を実施して欲しい」
と直訴に行かれたとのお話も伺いました。意義のある旅行をしてほしいと。
現実問題として旅行会社の選定し直しから予算から安全確保の問題から
何から何と、その実現は難しいでしょうが、
でもそのイデオロギーには勇気づけられました。

何かを変えたい、挑戦するイデオロギーは若者だけの特権ではないのだと。
また、某リスナーの方が先日、僕の店にお越しになられ、
ご出演の打ち合わせをしたのですが
この方が、70代と80代。しかし、やはり強いイデオロギーをお持ちだったのです。

某中学校に直訴して、課外活動として詩吟のカリキュラムを組み込むことに成功したとか
今の子供を取り巻く文化?に危機感を覚えており、
情操教育が云々と、詳しくは割愛しますが

ちょっと昔であれば、
60代以上は老人であり死の準備に入るものだという価値観だったと思います。
平成25年の今では皆、たいへんお元気で、
まだまだオシャレも恋もイデオロギーも
その熱気はもしかすると若者以上ではないかとひしひしと感じるのです。
時代はあまりにもドラスティックに変化し続けている。

総人口のおそらく3割を占める世代の
こういった目に見えないエネルギーは強大であり
それをどうやって取り上げさせていただき
お力を貸していただけるよう、お膳立てをするのか?

60代以上の方々は「どうせ年だから」という引け目を
常に感じてらっしゃる方も多いです。
その壁を取り払い、いろんな芸を、お話を面白く引き出して行く。
僕にとってはなかなか難しいことではありますが、そこは腕の見せどころです。
ゲストをお呼びすると、その背後には必ず新たに番組を知ってくださる方々がいます。
こうして聴取者を地道に増やしていこうと思っています。

また、最近では日本中のいろんなメデイアで、昭和20~40年代の昭和歌謡が流れることが増え
トレンディ芸能人(古っ)が昭和歌謡を歌うシーンも増えてきました。
時代が昭和歌謡を求めているのではないか?
そしてこれからますますその傾向は拍車がかかるだろうと考えています。

ということで、とりとめもないのでここらで。

投稿日時:2013.05.26(Sun) 00:45:00|投稿者:matsuyamay