都城観光レディ・高野瀬ますみさん/矢野バラ園・矢野正美社長

2013年度の都城観光レディである高野瀬ますみさんが
時々気ままに昭和レポートをしてくださってるのですが
先日、東京から昭和レポートのメールが届きました。

~赤塚不二夫シネマチックロード~

東京都の青梅市は街全体で昭和の雰囲気を取り戻そうと
いろいろな店の看板を昭和の雰囲気にしているのだそうです。








高野瀬さんは現在、写真家の千葉優作先生の次回の個展のモデルをされていて
日程が決まったらお知らせいただける予定です。

東京で様々なご活動をされている高野瀬さんからの昭和レポでした。
東京には5年くらい行ってませんが、あまりにも楽しすぎる場所ですよねー
あの二郎ラーメンがいつでも食べれる東京の人が羨ましいです(笑)


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

8月28日は、安久町の矢野薔薇園の矢野正美社長をゲストにお迎えしました。
矢野薔薇園のバラは、とにかくスゴイ!全国区のクオリティなのである!
過去に、バラの品評会、宮崎県や全国大会でも何度も金賞を受賞されています。



打ち合わせの時に、この薔薇をいただきました。
矢野薔薇園の薔薇の特徴は、めっちゃユニークです!
一般の肥料、牛糞鶏糞腐葉土に液肥に過燐酸石灰など一切使用せず
山の中と同じ森林土壌をハウスの中で再現して栽培されています。

そのノウハウは、全国に類を見ないそう。

つまり、野生の輝きを持った本物の薔薇が矢野薔薇園の薔薇なのです。
牟田町でのバラの配達をシンデレラエクスプレスと名づけ
夜中の24時05分にその日に誕生日の方へバラをお届けするサービスも行っています。
つまり、誰よりも早く誕生プレゼントを一番乗りで渡せるサービスですね。

都城市安久町5547-2
0986-39-0661

このサービスはほとんどがサプライズ的演出だそうです。
お客様にまさにバラ色のファンタジーな瞬間を提供されています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

矢野社長は57歳とのことで、フォーク世代、この日は
アリス・さだまさし・NSPをかけながら、思い出話を伺いました。

さだまさしの「檸檬」(レモン)という曲があるのですが
この曲の舞台が御茶ノ水駅近くの聖橋や湯島聖堂で
そのあたりに夜学生のときに住んでらっしゃったそうで、
この曲の世界を詳しく説明してくださいました。

矢野社長は、宮崎市のメディアの方々とも懇意にされていて
メディア出演も数多く、さすがに話術も素晴らしく、
声もたのきんのトシちゃんよりも爽やかな感じで(なんじゃそら)、
その美声には思わず嫉妬してしまいました(笑笑)

昭和の名曲は優れたショートムービーでもあります。
情景が頭に浮かびとても楽しい時間でした。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

全国で通用する商品を開発製造されている矢野社長は
商売人として僕の遥か先を突っ走っている方であり、
やはり2人で話し込むと商売の話になったのですが
「目の前のお客様を喜ばせること」が生きがいであるとおっしゃっていました。
こんな世知辛い世の中ですから、なおさら、
お金を介在して夢のような刹那瞬間をお客さまにお届けしたい。

そして、薔薇について語れば何時間もお一人でしゃべり続けるだけの情熱をお持ちです。
これだけ、仕事が、薔薇が好きな方ですからもちろん商品もサービスも超一流です。
いろいろ勉強になりました。本当に参考になりました。

投稿日時:2013.08.31(Sat) 21:13:17|投稿者:matsuyamay