実に「男前」な公民館長

この秋冬のワードローブにシークレットブーツの購入を検討中の松山です(笑)
昭和歌謡ファンの皆様こんにちは!

さてさて、だいぶここを放置しておりまして、
決してサボってたわけじゃないですよ!
実は、世界のチョコを使ったオリジナル商品の
パッケージデザインから製造から各所売り込みに奔走していまして・・・・
アレコレと苦悩することが多く(笑)、
せめてお盆くらいは苦悩もお休みしようということで(笑笑)更新する気になったわけです。

お盆過ぎたらまた苦悩する予定です笑

もちろん、こういった間も番組には相変わらず真剣勝負の全力投球の一球入魂でした^。^

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

6月27日は、一万城南部公民館長の斉藤卓治さんがゲストにお越しくださいました。



斉藤さんの実物は写真よりももっとシャープで野性的な感じです。
撮影が下手で申し訳ない。

この日の曲リストです。

1:悲しき口笛 s24 美空ひばり
2:世界の国からこんにちは s42 三波春夫
3:かえり船 s21 田端義夫
4:ミヨちゃん s35 平尾昌晃
5:城ヶ島の雨 T2 倍賞千恵子
6:女の意地 s40 西田佐知子
7:裏町酒場 西田佐知子
8:赤坂の夜は更けて s40 西田佐知子
9:遠くへ行きたい s37 ジェリー藤尾
10:ペパーミントブルー S59 大滝詠一
11:雨のウエンズディ S57 大滝詠一
12:無法松の一生 S33 村田英雄
13:柳ケ瀬ブルース s42 美川憲一

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

斉藤さんは満州のお生まれです。
実に立派なご両親をお持ちでした。
しかし、戦争により、無理なご出産により幼少期にご両親を失い
育てのご両親とともに引揚げ船にて博多港へ帰ってきました。
まさに「かえり船」そのものです。

齢70を超えた現在までずっと、産みのご両親のことが心の中に有り
「親に後ろ指さされることはできない」
「お天道様が見ている」
試練や挫折があっても常にこのことが励みになったそうです。
ご両親を心から尊敬され生きてこられたことが伝わってきました。

そしてそのご両親も、尊敬に値するお二人だったと思うのです。

斉藤さんは満州での厳しい体験談、「かえり船」を聴かれ、
大粒の涙をこぼされていました。

打ち合わせ時には、実は僕も涙腺がやられてしまいました(笑)

昭和歌謡と、今まで生きてこられた人生が重なる瞬間
その時の輝きはまさにいぶし銀であります。

優れた昭和歌謡には日本人という民族の長年にわたる感情の蓄積が乗り移ったような曲が多く
そんな昭和歌謡と共に生きてこられた方が
60代以上の方々にはあまりにもたくさんいるのです~

俺ももっと勉強しないとな~~~~~今のままじゃダメだわ

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

斉藤さんは僕のいる世界のチョコレートidentityから歩いて10分くらいの
一万城南部公民館で館長をされております。

公民館運営というのは、トップの館長のカラーがそのまま出るものだと思うのです。
前年踏襲の事勿れ主義であったり一種のシノギ的活動もあったりそれは様々でしょうが

斎藤館長の運営の特徴は

「住民が喜ぶこと・幸せであることが第一」

このキャッチフレーズが絵に書いた餅ではなく
本当に揺るぎない斎藤館長の哲学・信念のもと行われているように僕には感じました。

京セラ創業者の、あの稲盛和夫氏に似てます。

この地域は高齢者世帯や一人暮らし高齢者の割合が多く
「俺の目の黒いうちは孤独死を出さない」
「地域が一種の擬似家族であり、ともに助け合い、楽しむ」
といった趣旨での活動はユニークで斬新なアイデアが満載で
過去のマニュアルのない超高齢化社会における
地域活動のモデルケースになるだけの価値のあるものだと思いました。

内外から★やり手★であると評判の斉藤館長であることが納得です。
「スゲー」と何回連発したことか。

週に2回、公民館で60代以上の方々がレクリエーションとして
公民館にて館長とともに過ごされており、
実は僕もラジカセ片手に、こういった方々相手に昭和歌謡の出前を行うこととなりました。
シッカリとラジオの宣伝もしときます(笑笑笑)

斎藤館長のご活動に巻き込まれたって感じです。
こうやってどんどんといろんな人をご自分の渦の中に巻き込んでいく
素晴らしいパワーですよね。

先日、一万城南部公民館主催の地域のお祭りに出店させていただいたんですが
来賓も参加者も関係者も非常に多くムチャクチャ盛り上がってて
「斉藤さん、やり手だな~~」と感心することしきりでした。

ド田舎と思っていた僕の住むこの地域にも、探せばこういった
スト-リーを実力を持った人々が沢山いることに最近気づきました。

僕も自分の活動の渦にもっとたくさんの人を巻き込んでいけるようになろうと思ってます。


投稿日時:2013.08.11(Sun) 23:02:00|投稿者:matsuyamay