原田時美 昭和平成歌物語 ~大川光久氏・学校の先生・坂上二郎氏~


3月1日放送の昭和歌謡玉手箱の1コーナー「原田時美・昭和平成歌物語」では
東京ご在住の大川光久さんと生電話をつなぎ、インタビューを行いました。


」」

大川光久さんは
故坂上二郎氏の「学校の先生」の作曲者です。
売り上げは30万枚を記録したそうです。
大川さん、い、い、印税事情は???との言葉は喉まで出かかって結局聞けませんでした笑



昭和41年、黒沢明とロスプリモスのデビュー作、「ラブユー東京」
オリコンチャート一位を記録!
向かって左側、ドラムの前の青年が大川光久さんです。
その後、藤圭子さんのマネージャー、そして
原田時美さんの花菱エコーズに所属したあと
「学校の先生」や「鉄道員」などのヒット曲の作曲をされました。
すごいですねーーーー




大川光久さんは、故藤圭子さんのマネージャーをされていました。
昭和44年に新宿の女でデビューされましたから
昭和41年のロスプリモスでのデビュー後に、藤圭子さんと出会ったのですね。
「藤圭子さんはどのような少女でしたか?」との問いには
「どこか陰のある少女でした」とのお答えでした。

今でも、原田時美さんが上京した折には一緒に食事をなさるそうです。
そして、今年、原田さんの関係事務所が東京にオープンし、
これから上京の機会が増えるそうです。
演歌で歌謡曲でヒット曲を作る!原田時美さんの精力的なご活動にはパワーをもらえます。 
大川光久さん、突然のお電話にも快く対応してくださり感謝します。
この場を借りてお礼申し上げます。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

私事ですが最近は、学校の校長先生や教頭先生と近しく話をさせていただく機会が増え
いろいろと考えさせられることが多々あります。
以下、「学校の先生」の歌詞の抜粋ですが・・

♪どうも幸せよりも不幸せな子のほうが
よく覚えているようです
・・・・・
考えてみると人間ていうやつは誰だって多かれ少なかれ
不幸せを背負って生きているようです・・・
みんな負けるなよ負けるなよ と私はそっとつぶやくだけです♪

とある遠い国では、学校の先生の職務は学校の敷地内だけであり
たとえ放課後の学校外の場所で生徒の非行に遭遇しても関わらない
のが当たり前という話を聞いたことがあります。
非常にドライな割り切り方です。
多民族国家であったり治安が悪かったり、複雑な事情が絡むと
そうせざるを得ないのかもしれませんし、良し悪しは判断できませんが・・・

坂上二郎氏の学校の先生のお姿には、包容力と無償の愛を感じます。
昭和49年発売、その要素が大衆の支持を得、大ヒットにつながったのでしょうか?


そういうわけで、「学校の先生」は永遠の名曲だと思いますし
昭和49年当時、この曲を聴いて元気をもらった子供たちも相当いたことでしょう。
のちの人生に相当の良い影響をもたらしてくれたんじゃないでしょうか
また、こんな先生に成ろうとインスパイアされ、実際に成れた子供もいたんじゃないでしょうか。
番組のお陰でこの曲に触れ、気持ちが洗われました。
作曲者の大川光久さんには心から敬意を表したいと思います。



 

投稿日時:2017.03.19(Sun) 00:20:30|投稿者:matsuyamay