パーソナリティブログ

番組では言わないこと

昭和歌謡曲はどうしてこんなに胸に沁みるのだろう?
今では若者に見向きもされなくなった歌謡浪曲の世界は実に美しい。
三波春夫の忠太郎月夜を番組でかけてみた。

残酷で不条理な母の仕打ちに、それでも主人公はやっと逢えた母を恨もうとはしない。
「責めちゃなるない、おふくろさんを、これがさだめなら」と。
母にも事情があることを自分へ言い聞かせながら。
そして瞼を閉じて子供の頃の記憶の中の優しい母を思い浮かべる。

「千両万両積んだとて銭じゃ買えない人ごころ」
の歌詞で始まる一本刀土俵入りは
命懸けで恩返しをする挫折した力士の物語である。

この心意気に、人間関係に、今の日本人が失った美しさがあるのだ。
それは、金儲けが人生の唯一の目的である今の多くの日本人と
武士道をバックボーンに生き方の美しさにこだわり義理人情を重んじる
昔の日本人との違いであると思う。

そして昭和初期の子供たちはこういった歌を聴きながら
生きていくために必要な大切なものを学んでいったのだ。
生活は貧しくても子供たちはなんと幸せだったのだろうかと思う。

//////////////////////////////////////////////////////////////

僕がいる世界のチョコレートidentityには地域の子供たちがたくさん来る。
会社員を辞めて商売のノウハウを全く持っていなかった無手勝流の僕に、
必要なお金と希望を運んで来てくれたのは地域のたくさんの子供たちだ。
だから僕は、子供たちに恩返しをしなければならない。

子供たちは流行に実に敏感な生き物だ。
彼らの持っているものにはリアルタイムに時代の最先端が反映されている。
ゲーム、漫画、テレビ番組、そんな彼らの文化を僕はここ10年近く、ずっと間近で見てきた。

「今の子供たちを取り巻く環境はなんて劣悪なんだろう」
この事実に戦慄を覚えるし、こんな世の中を作った大人の一人として
僕は彼らに謝らなければならない。

店に子供たちが集まったとき、そのグループ全員のご両親が離婚しているときもある。
R18やR15指定のゲームソフトを全員が当たり前に持っている。
その内容といえば、人を殺める、ピストルで打つ、必要以上に動物を殺める 、
モンスターをひたすら倒す、犯罪行為を仮想空間で行うなど、
アドレナリンを大量に放出させ、さらに刺激の強いものを求め続けなければ満足しない
そういった非常に危険な脳のメカニズムを作り上げる
子供の情緒破壊装置としか思えないものばかりだ。
そして、鳥肌の立つような不快な電子音に包まれて全員が一心不乱にゲームをしている。

子供たちが好む漫画には、学校で破壊行為や暴力行為をするものも多い。
ご存知でない方は是非、それらを一度読んで欲しい。
衝撃を覚える方が多いのではないか。

生きていくために何より大切な前頭葉の発達のために、
子供時代にしなければならない様々なことがないがしろにされ
電子音に包まれてひたすら戦闘行為、破壊行為、反社会的行為といった
刺激の強いゲームや検索機能の付いた携帯や漫画に囲まれている。

または、携帯からサイトへアクセスし匿名をいいことに
特定個人への誹謗中傷や罵詈雑言を吐き快哉を叫ぶ子供もいる。
匿名・つまり己の発言や行動に責任を負わなくても良い権利、
そんなものを自由自在に操ることでストレス解消を行う子供は多い。
いや多過ぎるのだ。

僕ら大人は日々進化する携帯やゲーム機などの性能にはなかなかついていけない。
しかし今の子供たちは、大人をはるかに凌駕する能力でもってそれらを使いこなしている。
そんな子供たちの能力を光景を目の当たりにして、驚かされる。
でも、子供時代にすることは、情報の検索の仕方を覚えることでも、
それらで刺激の非常に強い映像や画像や情報を得ることでもない。
両親の愛情を実感して、人と関わって、いろんな本を読んで、
自然の摂理を知って、体を鍛えて前頭葉を発達させることではないか?

そして、世の親は、教育関係者たちは、子どもたちがどんなもので
遊んでいるのかを一体どこまで知っているのだろうか?

/////////////////////////////////////////////////////////////////

昭和の絵物語作家の山川惣治氏の言葉
子供たちに夢を伝えたい、美しく気高いもの、真心、愛、優しさ、誇り
勇気、知恵、忍耐、努力、正義、冒険心、
健康な輝きにあふれた夢を子供たちに伝えたい。

この言葉が身に沁みるのである。
でも、今の日本は、大人たちは多くが金儲けを人生最大の目的にしている。
金を持っているかどうかが人の評価基準になっている。
自ら命を絶つ大人が年間3万人以上いる。
金儲けのために子供たちへ劣悪なおもちゃを与えて平然としている。
自戒を込めて言うが僕もそんな大人の一員である。

そんな社会、大人たちを見て、まともな子供が育つだろうか。
子供は時代を表す鏡だと思う。
僕は三股に来て9年経ち、たくさんの子供たちと接してきたし、
そして、無表情で荒んだ目をした子供を
背筋がぞっとするような表情をする子供を、現在も毎日のように見ている。
子供が少年少女になり、目を覆いたくなるような
彼らの行動を目撃しなければならない場面もそれなりにあった。

///////////////////////////////////////////////////////////////

昭和の歌謡曲には、人生を応援しよう、人を感動させよう、
美しいものを伝えようといった願いのこもった名曲がたくさんある。
そんな曲があることをたくさんの子供たちに知って欲しい。
メロディは時代ズレして単調かもしれない。
一回聴いただけでは退屈なシロモノに思えるかもしれない。
でも、美しいものというのは時代を超えて普遍であり変わらないのだ。

日本人には、こんな美しい作法を、仕草をする人がいる。
こんな魂が震えるような感動が、真心を示してくれる人がかつてたくさんいた。
そんなものが世の中に存在することを現代の子供たちに伝えたいのである。

////////////////////////////////////////////////////////////////

ご意見ご感想などありましたら、お気軽にコメントください。
お電話やメールでも結構です。
0986-51-2508
identity@awa.bbiq.jp

または私のおります昭和カフェで古いレコードとコーヒー片手に昭和談義などいかがですか?
ブログで書くことが憚れるような意見も話しますよ。
まだ未熟者の若輩者ですがその点はどうぞご容赦ください。


投稿日時:2012.04.26(Thu) 23:12:12|投稿者:matsuyamay コメント(9)

25APR 2012 昭和歌謡玉手箱

三股町在住の昭和歌謡研究家・松山慶彦です。
今日のゲストは、元航空自衛隊幹部であり現在陶芸家であるトウジロウさんです。
毎回この番組で論語についてFAXくださり、曲のRQもしてくださるリスナーさんです。





今日は、沖縄三味線・三線の弾き語りをしてくださいました。
沖縄での航空自衛隊勤務時代、よく三線居酒屋に通ってたそう。
三線居酒屋では、三線の生演奏に、泡盛にチャンプルーにソーキそばにラフテーに・・
いやぁ~~~~~~~行ってみたくなりますね!
牛車に青い空に白い砂浜に赤瓦の民家にハイビスカスに満天の星空・・
そんな光景が浮かぶような「安里屋ユンタ」を演奏してくださいました。




昨年3月11日のあの日、トウジロウさんは新田原基地にご勤務なされていました。
あの未曾有の大災害に立ち向かった勇敢な自衛官の方々たちのエピソード
当日の自衛隊での動きなど伺いました。
そして今年2012年の4月、東北の被災地をレンタカーで回られたそうです。
現地で撮影した写真を拝見しました。
その写真の一部を許可を得て、後日こちらでアップします。
トウジロウさんは東京府中での本部にて資材運搬関係の指揮に従事されたため
災害最前線では働くことができなかったそうです。
1年経って今回、被災地を回られたことで、ご自身の中で何かの決着が付いたと仰っていました。

今回被害に遭われた方々、犠牲になられた方々へ謹んでお見舞い、そしてご冥福をお祈り申し上げます。



リスナーさんからのRQ。
①昭和に流行った阪神パークのレオ吉とポン子について調べて。
②明日があるさ。坂本九とRE:JAPANの両方が聴きたい。
吉永小百合と三田明、梶光夫と高田美和、三波春夫の曲もかけました。



番組終了後、IT産業ビルのカフェでカツカレーをいただきました。
美味しいんですよね。これが。
大盛りにしたら値段が変わるのか?今度聞いてみようと思います。

僕も三線もって撮影しました。しかし持ち方が逆だと指摘を受けました。
楽器は小学校の時に習った笛しかできない僕ですが
どうですか?それなりにポーズきまってますかね?



投稿日時:2012.04.26(Thu) 22:03:40|投稿者:matsuyamay コメント(12)

18APR 2012 昭和歌謡玉手箱

初の外人さんがゲストです。
アメリカ・オハイオ州ご出身で
都城在住のプロテスタント・牧師であるトムさんです。
身長190cmとダルビッシュ並の人である。
僕も負けじと台の上に乗って並んで撮影したのですが
その写真アップはやめときます。
彼はプロバスケチーム・都城シャイニングサンズの熱心なサポーターでもある。
そのポスターバックにパシャリ。




今日の番組テーマは
★昭和歌謡曲を知らない外人さんに名曲を教えよう!★
教えよう!とはこれまた上から目線的表現ですみません><
三波春夫・田端義夫・美空ひばり・赤木圭一郎のレコードジャケットを見せながら
昭和歌謡曲を聴いてもらった。
「ココロコメテウタッテマスネ~」「スバラシイデスネ~」とお褒めの言葉を。
三波春夫のまっすぐな眼差し・人間として信用できそうな凛々しい顔つき。
田端義夫の遠くを見る眼差し。
こんな大人にならなきゃ。
こんな三度笠にカツラに長ドス欲しいです。
そうそう、幕末の志士やサムライの写真って見たことあります?
むちゃくちゃ眼光鋭くて迫力あるんですよ。
昔にはカッコイイ人たちがいっぱいいたんです。




リスナーさんからのRQ。
①「影を慕いて(S3年)」。曲とそのエピソードを知りたい。
②市原悦子が出演したS50の昼ドラの主題歌とストーリーが知りたい。
③やしきたかじんの曲が聞きたい。
特に市原悦子さんが出演した「花王愛の劇場・赤い殺意
昼ドラとしては異例の大ヒットで市原さんの濡れ場シーンが大評判だったらしい。
放送中は人妻の外出がパッタリ途絶えたらしい。(ほんとかよ)

番組放送後・・・・・
トムさんとIT産業ビルのカフェでカツカレー食って(これがうまいんだわ)
すぐに世界のチョコレート号に乗り込んで
チョコレートの納品&知人開店祝い&新規開拓営業へ向かった。
いきがっていちびってグラサンかけてるんじゃない。
快晴で太陽の光が目に痛いからだ。
それにしてもオレはなんでこんなに働くのか?
♪真っ赤に燃える王者の印。巨人の星をつかむまでぇ~♪
♪マネェ~マネ~メイクミィ~クレイゼ~♪
そんな昭和の曲を脳内で響かせながら今日も頑張りました。
それにしても働いてばかりで我ながら本当に面白みのない男ではある・・・


都城クリスチャンセンター
住所:都城市早水町3851-1
早水ホームワイド前の道を三股方面に。神社を過ぎてすぐ見えます。

聖書について学んだり、皆で励まし合ったり
時々トムさんがメキシコ料理をふるまってくれる(かも・・・)
そんな有意義な時間の過ごせる教会です。
ご興味があれば遊びに行ってみてください。
トムさんのまっすぐな人柄には癒されますよ。

投稿日時:2012.04.19(Thu) 19:52:40|投稿者:matsuyamay コメント(16)

11APR 2012 昭和歌謡玉手箱

今日のゲストは四月一日 三事さんです。
四月一日でワタヌキ 三事でミコトと読みます。芸名です。
以前劇団員をされており、特撮ヒーローものや映画他
各種昭和カルチャーに詳しい方です。いろいろと語ってくださいました。
デジカメ向けたらちょっとリアクションに困るポーズをとってくださいました。
とにかくサービス精神旺盛な方です。



ワタヌキさんのご趣味である特撮もののフィギュアを無理矢理持たされ撮影しました。
ワタヌキさんは話の反射神経が良く、僕にはない躍動感がありましたね。
有吉風に言うと僕の番組は マッタリ&ムッツリレトロ という感じなので今日はとても新鮮でした。



キャンディーズの春一番から話が広がり、「見ごろ食べごろ笑いごろ」という
昭和のTV番組の電線音頭をワタヌキさんが再現して歌ってくれました。
ちなみにデンセンマンの当時の中の人は今はオフィス北野の森社長だそうです。
ADから大出世!電信柱からビルが建った!
そして森社長はさだまさし氏が嫌いだったらしい。
そんなエピソードが出たら偶然にも次の曲はさだまさし・案山子だった。
何たる偶然!
ちなみにタモリは小田和正が嫌いだったらしい。(ミキサー田口さん情報)


戦前の曲を3曲。
二村定一と佐藤千夜子の「君恋し(S3年)」・「紅屋の娘(S4年)」・「東京行進曲(S4年)」。
当時、歌謡曲は蔑視されていたらしい。
そんな世間の中傷と歌手や作詞家の苦しみ葛藤のエピソードも調べて語りました。
「君恋し」はフランク永井がS36年に歌ったのですが実はカバーだったとは驚きです。




リスナーさんからのRQ、石原裕次郎・太田裕美・さだまさし・上田正樹・
つんく♂(この書き方でいいのか?)
二葉百合子・弘田三枝子をかけました。


今日は狭い密室スチューディオの中、僕とワタヌキさんと田口さんの中年男三人だった。
実に汗臭い。
来週そして再来週のゲストも男の予定だ。こりゃいかんな。
来週は俺がカツラかぶって女装でもするか~はっはっは~笑

投稿日時:2012.04.11(Wed) 22:10:27|投稿者:matsuyamay コメント(26)

番組では言わないこと

子供たちに夢を伝えたい。美しく気高いもの、真心、愛、優しさ、誇り。
勇気、知恵、忍耐、努力、正義、冒険心
健康な輝きにあふれた夢を子供たちに伝えたい。そんな魂のメッセージ。夢の贈り物。
この文章は1950年代の月刊少年雑誌の絵物語ブームを牽引した山川惣治氏の言葉です。


手塚治虫氏の作品には
「生きること」、「永遠の命のリレー」、「文明の起こりと終わり」、「戦争」、「科学の発達がもたらすもの」
など
深遠なテーマを子供たちにわかりやすく伝えようとしたある種の哲学があったように思います。


「誰かが喜んでくれるといいな」「誰かが興奮してくれるといいな」「誰かが美しくなってくれるといいな」
という願いを込めて一つの世界・歌謡曲を作っていたのは昭和の作詞家・阿久悠氏です。


皆が全てというわけではないでしょうが、昭和の影響力ある表現者たちはそんな
「哲学」を持って作品を世に発表していたように思います。
富や名声はそんなものに自然とついて行ったように僕には見えます。


平成24年の現代、子供たちに多大な影響力のある日本のテレビ番組・ゲーム・漫画・そして歌謡曲には
そんな哲学や願いが込められているでしょうか?
経済の発展が頂点に達し、国民が一通りの「物」を所有し、目的が快楽の追求ばかりになってしまった昨今
今の影響力ある表現者たちが子供たちに伝えたいのは、夢や美しく気高いものではなく、

自分たちの作品をお小遣いで買って欲しい。
お小遣いが無ければ親やおじいちゃんおばあちゃんにねだって買って欲しい。
君たちが持ってるお金をおじさんにちょうだい。

そんなメッセージばかりなのではないでしょうか。

だから自然と作品には刺激の強いもの、バイオレンス、性、拝金主義、
そんな負のベクトルばかりが溢れているような気がします。
平成の表現者たちには、刺激の強いものが子供たちの将来に悪い影響を及ぼそうが知ったこっちゃない
自分の懐に金が入ればそれでいいのだと考えているのだと思います。

それどころかまだ分別もつかないような、うら若き娘さんたちをグループにして
あられもない格好をさせて歌わせ、世の男たちの劣情を煽りたてて
金儲けの道具にする風潮が日本を席巻しています。

僕も男ですから、そういう嗜好も分からないことはないのですが
しかし、世の子供たちに、そして成人した男達に、果てはパフォーマーとしての本人たちに
良い影響などあるはずがない、と信じています。

堅いことを言いますが、某評論家のお言葉を引用いたしますと
テレビ番組にしても歌謡曲にしてもジャーナリズムの一翼を担う社会の木鐸の一つであり
公共性と品位と責任が求められるものだと思います。
メディアリテラシーなどあるはずもない子供たちには
テレビ番組が、ヒットチャートをにぎわす歌手たちが人生のお手本であり教科書なのですから当然のことです。

もちろん表現の自由というのは憲法で定められた基本的人権の一つでありますし
そういった刺激の強いものも僕は決して嫌いではありません。
刺激の強い作品は子供たちが見れないような場所で大人に向けて制作し公開すればいいのだと思います。

大衆の空気と求める文化は時代によって違うものですから
平成の歌はダメで僕の番組で扱う昭和歌謡がいいんだ 
という乱暴な理屈を言う気は毛頭ないのですが
それにしてもあまりにも拝金主義が行き過ぎた結果、
売れればいいから子供に悪い影響のある企画でもいいんだ。
という
日本のメディアには表現者としての矜持を持たない輩ばかりが跋扈し、支配しているように思います。

これはもっと国民が怒らなければならないことではないでしょうか?

そんなことを考えながら、本日4月8日が終わろうとしています。。

投稿日時:2012.04.08(Sun) 22:07:41|投稿者:matsuyamay コメント(13)
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 | 14 || Next»
松山慶彦ブログ

パーソナリティリスト