パーソナリティブログ

トレモロ 古賀政男に酔いしれる

トレモロといえば、クラシックギター奏者の村治佳織さんの
アルハンブラの想い出などが有名ですが
日本人なら古賀政男は外せないでしょう!

以下、昭和歌謡玉手箱でリスナーさんに
「倉庫に眠ってる貴重なレコードがありましたら是非貸してください!」
との呼びかけに、Kさんという方が
わざわざ僕のいる世界のチョコレートidentityまでお持ちくださいました。
古賀政男大全集・なんと120曲の入ったレコードである。
バックのソファーカバーがミスマッチでわけわかめチャンな写真ですが。

定価はなんと!2万円である。
もしCD全集だったら、5万円はするだろう!(多分)
カネの話はいやらしくなるのでここらで。

現在、このレコード大全集のCD化の作業中なのでちょっと更新してみました。




それにしても村治佳織さんのアルハンブラの想い出ですが
なんであんなに懐かし感、既視感があるのでしょうか、不思議です。

以下は、古賀政男さんです。シ、シ、シブイ・・・・この只者ではない大物感。
さすが、国民栄誉賞を取っただけある、そこらのおじさんとはレベルが違うのである。




こういったレコードを扱う醍醐味ですが、閉じ込められていた当時の空気感、
盤面に針を落とす瞬間、パチパチ雑音やアナログ感はもちろんですが
なんといっても多くのレコードについてある冊子にある曲の解説です。
番組でしゃべるネタにも非常に重宝させていただいております。

ちょっと面白い解説がありましたのでかいつまんで紹介します。

世界的な兆候として、ヒット曲を生み出すことのできる作詞家作曲家は
ほとんどが中流以下の貧しい家庭に育っている。
日本でもそうで、貧しさや辛酸を舐めた人間でないと大衆の心を打つ曲は作れないと。

昭和初期でも「小遣い稼ぎにレコードの仕事は便利でネ」と公言する人の
作品は一時ヒットしたとしてもやはり忘れ去られている。
徒花的なヒットということですね。

古賀政男邸で、秘書や書生だった方の話によると
「古賀先生は感動してくるとギターの胴や五線紙の上に
涙をぽたぽた落としながら時を忘れて作曲に熱中されている」
と書かれていました。

古賀政男氏の代表曲「影を慕いて」ですが、
これがまた実に陰鬱なメロディで、しかし日本歌謡の代表作と言われています。

当時、古賀政男氏は失恋と貧困のどん底に喘ぎ
歌手の藤山一郎氏は破産したメリヤス問屋の返済に追われる身。
どん底の二人に作り出された3分間の芸術が不滅の金字塔になった。
心の底からのほとばしった負の感情が、
不景気どん底で開戦目前の昭和初期の落ち込んでいた日本人に共鳴したと。
まさに歌は世につれです。

藤圭子さんの歌が今、俄然注目を浴びていますが
人生の負の側面を、闇を、ドスの効いた声で歌いましたが
やはり彼女の歌も不滅といいますか後世に残るスーパーデラックスな名曲です。

古賀政男さんの影を慕いても、同じく、
二度と逢えない人への思いを歌った喪失感と
愛借の念が満載の人生の裏街道を歌った名曲ですが

どうも昭和50年辺りから現代に至るまで
「ヒット曲は明るくなければいけない」という強迫観念に近いものが
作り手にも歌い手にも聴き手にも必要以上にある気がして、
僕は違和感を感じています。

現代では涙活なるキーワードが流行り始めてるらしく、
つまりは悲しい曲を聴いて、悲しい映画を見て
思い切り泣いてストレスを解消しようというやつです。
そう言う意味では、古賀メロディも、藤圭子さんの歌も
時代の最先端カルチャーに躍り出ても良いくらいのクオリティじゃないかと思うんですが・・・

リスナーのKさんには120曲をCDにしてプレゼント差し上げようと思っています。
僕のようなクソ雑魚DJの呼びかけにわざわざ答えてくださったなんて感激です。
また、番組でもこのレコード音源から、時折曲をかけさせていただこうと思っています。





投稿日時:2013.09.01(Sun) 23:02:51|投稿者:matsuyamay コメント(18)

都城観光レディ・高野瀬ますみさん/矢野バラ園・矢野正美社長

2013年度の都城観光レディである高野瀬ますみさんが
時々気ままに昭和レポートをしてくださってるのですが
先日、東京から昭和レポートのメールが届きました。

~赤塚不二夫シネマチックロード~

東京都の青梅市は街全体で昭和の雰囲気を取り戻そうと
いろいろな店の看板を昭和の雰囲気にしているのだそうです。








高野瀬さんは現在、写真家の千葉優作先生の次回の個展のモデルをされていて
日程が決まったらお知らせいただける予定です。

東京で様々なご活動をされている高野瀬さんからの昭和レポでした。
東京には5年くらい行ってませんが、あまりにも楽しすぎる場所ですよねー
あの二郎ラーメンがいつでも食べれる東京の人が羨ましいです(笑)


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

8月28日は、安久町の矢野薔薇園の矢野正美社長をゲストにお迎えしました。
矢野薔薇園のバラは、とにかくスゴイ!全国区のクオリティなのである!
過去に、バラの品評会、宮崎県や全国大会でも何度も金賞を受賞されています。



打ち合わせの時に、この薔薇をいただきました。
矢野薔薇園の薔薇の特徴は、めっちゃユニークです!
一般の肥料、牛糞鶏糞腐葉土に液肥に過燐酸石灰など一切使用せず
山の中と同じ森林土壌をハウスの中で再現して栽培されています。

そのノウハウは、全国に類を見ないそう。

つまり、野生の輝きを持った本物の薔薇が矢野薔薇園の薔薇なのです。
牟田町でのバラの配達をシンデレラエクスプレスと名づけ
夜中の24時05分にその日に誕生日の方へバラをお届けするサービスも行っています。
つまり、誰よりも早く誕生プレゼントを一番乗りで渡せるサービスですね。

都城市安久町5547-2
0986-39-0661

このサービスはほとんどがサプライズ的演出だそうです。
お客様にまさにバラ色のファンタジーな瞬間を提供されています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

矢野社長は57歳とのことで、フォーク世代、この日は
アリス・さだまさし・NSPをかけながら、思い出話を伺いました。

さだまさしの「檸檬」(レモン)という曲があるのですが
この曲の舞台が御茶ノ水駅近くの聖橋や湯島聖堂で
そのあたりに夜学生のときに住んでらっしゃったそうで、
この曲の世界を詳しく説明してくださいました。

矢野社長は、宮崎市のメディアの方々とも懇意にされていて
メディア出演も数多く、さすがに話術も素晴らしく、
声もたのきんのトシちゃんよりも爽やかな感じで(なんじゃそら)、
その美声には思わず嫉妬してしまいました(笑笑)

昭和の名曲は優れたショートムービーでもあります。
情景が頭に浮かびとても楽しい時間でした。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

全国で通用する商品を開発製造されている矢野社長は
商売人として僕の遥か先を突っ走っている方であり、
やはり2人で話し込むと商売の話になったのですが
「目の前のお客様を喜ばせること」が生きがいであるとおっしゃっていました。
こんな世知辛い世の中ですから、なおさら、
お金を介在して夢のような刹那瞬間をお客さまにお届けしたい。

そして、薔薇について語れば何時間もお一人でしゃべり続けるだけの情熱をお持ちです。
これだけ、仕事が、薔薇が好きな方ですからもちろん商品もサービスも超一流です。
いろいろ勉強になりました。本当に参考になりました。

投稿日時:2013.08.31(Sat) 21:13:17|投稿者:matsuyamay コメント(21)

☆昭和の夫婦の攻防~素敵に亭主改造論~☆

身も心も、そして戸籍も1点の曇りも汚れもない純白パウダースノー独身少年、
そして三股の昭和歌謡研究家の松山です!←自己紹介長っ!
戦前そして戦後の昭和歌謡ファンの皆様、こんにちは!

かなりヘンな前置きで申し訳ない・・・
そんな独身BOYの私が、7月3日
のこの番組でお迎えしたのが
マヤ暦をベースに、よりハッピーに
人生を泳いでいくためのヒントを授けてくれる植村志保子先生と
五十一でハーブ教室を開いてらっしゃる中尾まりこさんと
安久でアロマのサロンを開いてらっしゃる久保田かずえさんでした。

今回は、植村先生がメインで昭和歌謡の話や現在のご活動など伺っていきました。
一番面白かったのが、
「素敵に亭主改造論」という
マヤ暦から編み出した夫婦生活をより楽しく過ごすためのヒント、
そして亭主を上手くコントロールする術などです。

具体的にあまり多くは書きませんが、
世の中には、亭主元気で留守がいい、
濡れ落ち葉、といったあまり男にはよろしくない意味の言葉が存在します。
会社では有能社員であっても、家庭に戻ると
奥様から見れば物足りない点は多数あるようです。

そこを亭主のプライドをいかに傷つけずによりよく変わってもらうか、
奥様達が亭主を素敵にプロデュースという趣旨のことを
いろんな女性たちにノウハウとして教えてらっしゃるようです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

特に団塊の世代の亭主たちと奥様方との攻防のお話というのは
植村さんたちとの打ち合わせ時にも爆笑ものでしたが
客観的に見るに、やはり団塊の世代の亭主たちに
もう少し理解とデリカシーというものが必要ではないかと思ったりもしました。

で、僕がぜひ植村先生と対決していただきたかったのが、前田プロデューサーです。
俳優並みの風貌に日本一のTV番組を制作した実績と、玄人はだしの料理の腕前。
おまけに家事もそつなくこなしガーデニングもなんでもござれの
まさに枯れ専の女性の垂涎の的の前田プロデューサー(褒めすぎ??!!)
と植村先生の対談、いつか実現したら楽しいだろうなと。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今回の曲リストです。

1:雨 S47 三善英史
2:スプリングサンバ s54 大場久美子
3:青春の坂道 s51 岡田奈々
4:遠くへ行きたい s38 ジェリー藤尾
5:潮来花嫁さん s35 花村菊江
6:思い出の赤いヤッケ s42 高石ともや
7:恍惚のブルース s42 青江三奈
8:国際線待合室 s44 青江三奈
9:白樺の小径 s26 青江三奈
10:夜霧の第二国道 s32 フランク永井
11:ブルーライトヨコハマ s43 いしだあゆみ
12:無法松の一生 s33 村田英雄

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

植村さんは五つ星ホテルのコンシェルジュデスクに座っていそうな雰囲気のお方で
やたら説得力のある話が印象的でした。
そして歌がむちゃくちゃうまく、
大津美子の「ここに幸あり」を歌い吹き込んだテープを番組で流しましたが、
「えっ!?これって本物の歌手じゃないの?」
と間違いそうなくらい、プロに近いレベルでした。

別の機会で、植村さん、中尾さん久保田さんたちとカラオケをご一緒させていただいたのですが
植村さんが三波春夫のチャンチキおけさを
小皿2枚で振り付きで踊ってくださいましたがこれが衝撃的でした。
女性が歌うチャンチキおけさがこれほど心に響くとは!
もしチャレンジしてみようと思われる女性の方へ、絶対におススメメです。

また、今は鬼籍のお父様が、青江三奈が大好きで
風呂場にもポスターを貼っていたというほどのファンだったそうで
青江三奈の上記の3曲を流しました。
それにしても風呂場にポスターって、ふやけたりしなかったのだろうか。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

また、中尾さんと久保田さんが、まちづくり(株)主催のキッズボンパクにて
アロマとハーブの教室を開かれるとのことでその告知も。
アロマとハーブの石鹸作りやマヤ暦講座など盛りだくさんのプログラムだったそうです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

商売やってると、女性の購買力や美的センスや
嗅覚味覚の鋭さには絶対勝てねーと思いますし
女性客抜きでは商売は絶対に成り立ちません。
ということで僕も時々このお方たちに弟子入りしようかなと思った今回の番組でした(笑)



投稿日時:2013.08.16(Fri) 22:14:00|投稿者:matsuyamay コメント(25)

VIVA!民謡 VIVA!股旅

昭和46年生まれの僕は昭和を17年、平成を24年生きてきた
所謂、団塊の世代Jrと呼ばれる世代であります。

僕らの世代の特徴として、オイルショックや就職氷河期などの
多少の社会不安はあったものの、概ね景気も良く生きていくに大きな苦労はなかった。
そういうわけで、戦後の生きていくに大変な動乱期を支えてきた
昭和歌謡や演歌や民謡といったある意味泥臭いものや説教臭いもの、
ウエットで感傷的な歌を嫌う傾向は非常に強いと言えると思います。
僕もご多分にもれず若い頃はやはり、
昭和歌謡や民謡など感傷的であったり土の匂いのする歌が苦手でした。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

8月7日のゲストはカヤノキジュンコさんという方でした。
NPO法人エムズハートフルの副理事長であり市内4ケ所で地域の人たちの
コミュニケーションの場を作る活動をされている方です。

現在のご活動はもちろんですが、昭和30年代の子供の頃の
炭鉱マンだったお父様の話、お父様がよく歌っていた
「ひえつき節」「チャンチキおけさ」などを流しながら思い出話を伺いました。
ALWAYS・3丁目の夕日に描かれている日常そのものの体験談は
非常に微笑ましく温かみを持って電波に流れてくれたのではと期待しています。

ところで、「ひえつき節」ですが、これは椎葉の風習を唄った民謡です。
椎葉といえば、宮本武蔵の作者・吉川英治氏が新平家物語の中で
「この世の理想郷」と表現した、九州の秘境であり、鶴富伝説で有名な観光地でもあります。

実は数年前に椎葉に友人数人で訪れた事が有り、吉川英治氏の碑や
那須大八郎と鶴冨姫の今生の別れの場所など目にした記憶があります。

前述した様に、土の匂いのする民謡がずっと苦手でしたが
この年になり、ようやくその「良さ」がわかってくるようになりました。
ひえつき節にあるように、焼畑農業から稗を作る風習や
那須大八郎と鶴冨姫が逢瀬を重ねる合図となったサンシュウユにかけた鈴の音など
椎葉にあるストーリーをきちんと理解することでこの民謡が一層輝いて聞こえるようになりました。
同じく平家の落人伝説の舞台となった熊本の五木村の五木の子守唄もそうですが
子守奉公の少女の胸の内など理解するにあたって、鳥肌が立つほどこの歌が好きになったり・・・

あくまでも昭和歌謡の番組ですので、民謡に傾いてはいけないと思いますが
天津羽衣のひえつき崩しなどは、昭和歌謡の範疇に入ると思うので
そういった曲の選択肢も入れながら
60代以上の方々に一定の需要があるのこの民謡をいかにうまく楽しく
放送できるか、色々と考えていたところでした。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こういった伝説のある観光地で往々にして言えることですが
伝説の舞台となった場所があまりも観光地過ぎたり、やたら土産物ばかりなど
佳い伝説を金に替える作業が露骨すぎるとしらけてしまったりもします。
そういった伝説と商売とのバランス調整の着地点もなかなか難しいものであるなと思ったりもしました。

今日のことなのですが、旅役者としての活動をされているとある方とコンタクトすることができ
近いうちに「股旅歌謡」の特集をする時に、そのお方にゲストとしてきていただけないかと考えております。

股旅ものの持つ、義理人情や儚さや虚しさ、孤独感といったものが
僕はたまらなく好きであり
そんな世界を実際に舞台で演じている方とぜひお会いしたいのです。

股旅歌謡もプロ級の腕前だそうです。

と、以上、団塊の世代ジュニアの特徴とは真逆の感想や所感を述べてみました(笑)
僕は生まれつき天邪鬼なのでこれでいいのです(笑)


リスナーの都城昭和見ぃつけた!さんが写真を送っていただけました。

欄間です。


泉谷しげるさんの若い頃のレコードジャケットです。
かつらのようなかっこいい髪型に驚きです。


リスナーの大久保伸一郎さんです。
昭和の映画の絵を持参して、僕の店にこられました。









投稿日時:2013.08.12(Mon) 21:23:00|投稿者:matsuyamay コメント(21)

実に「男前」な公民館長

この秋冬のワードローブにシークレットブーツの購入を検討中の松山です(笑)
昭和歌謡ファンの皆様こんにちは!

さてさて、だいぶここを放置しておりまして、
決してサボってたわけじゃないですよ!
実は、世界のチョコを使ったオリジナル商品の
パッケージデザインから製造から各所売り込みに奔走していまして・・・・
アレコレと苦悩することが多く(笑)、
せめてお盆くらいは苦悩もお休みしようということで(笑笑)更新する気になったわけです。

お盆過ぎたらまた苦悩する予定です笑

もちろん、こういった間も番組には相変わらず真剣勝負の全力投球の一球入魂でした^。^

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

6月27日は、一万城南部公民館長の斉藤卓治さんがゲストにお越しくださいました。



斉藤さんの実物は写真よりももっとシャープで野性的な感じです。
撮影が下手で申し訳ない。

この日の曲リストです。

1:悲しき口笛 s24 美空ひばり
2:世界の国からこんにちは s42 三波春夫
3:かえり船 s21 田端義夫
4:ミヨちゃん s35 平尾昌晃
5:城ヶ島の雨 T2 倍賞千恵子
6:女の意地 s40 西田佐知子
7:裏町酒場 西田佐知子
8:赤坂の夜は更けて s40 西田佐知子
9:遠くへ行きたい s37 ジェリー藤尾
10:ペパーミントブルー S59 大滝詠一
11:雨のウエンズディ S57 大滝詠一
12:無法松の一生 S33 村田英雄
13:柳ケ瀬ブルース s42 美川憲一

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

斉藤さんは満州のお生まれです。
実に立派なご両親をお持ちでした。
しかし、戦争により、無理なご出産により幼少期にご両親を失い
育てのご両親とともに引揚げ船にて博多港へ帰ってきました。
まさに「かえり船」そのものです。

齢70を超えた現在までずっと、産みのご両親のことが心の中に有り
「親に後ろ指さされることはできない」
「お天道様が見ている」
試練や挫折があっても常にこのことが励みになったそうです。
ご両親を心から尊敬され生きてこられたことが伝わってきました。

そしてそのご両親も、尊敬に値するお二人だったと思うのです。

斉藤さんは満州での厳しい体験談、「かえり船」を聴かれ、
大粒の涙をこぼされていました。

打ち合わせ時には、実は僕も涙腺がやられてしまいました(笑)

昭和歌謡と、今まで生きてこられた人生が重なる瞬間
その時の輝きはまさにいぶし銀であります。

優れた昭和歌謡には日本人という民族の長年にわたる感情の蓄積が乗り移ったような曲が多く
そんな昭和歌謡と共に生きてこられた方が
60代以上の方々にはあまりにもたくさんいるのです~

俺ももっと勉強しないとな~~~~~今のままじゃダメだわ

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

斉藤さんは僕のいる世界のチョコレートidentityから歩いて10分くらいの
一万城南部公民館で館長をされております。

公民館運営というのは、トップの館長のカラーがそのまま出るものだと思うのです。
前年踏襲の事勿れ主義であったり一種のシノギ的活動もあったりそれは様々でしょうが

斎藤館長の運営の特徴は

「住民が喜ぶこと・幸せであることが第一」

このキャッチフレーズが絵に書いた餅ではなく
本当に揺るぎない斎藤館長の哲学・信念のもと行われているように僕には感じました。

京セラ創業者の、あの稲盛和夫氏に似てます。

この地域は高齢者世帯や一人暮らし高齢者の割合が多く
「俺の目の黒いうちは孤独死を出さない」
「地域が一種の擬似家族であり、ともに助け合い、楽しむ」
といった趣旨での活動はユニークで斬新なアイデアが満載で
過去のマニュアルのない超高齢化社会における
地域活動のモデルケースになるだけの価値のあるものだと思いました。

内外から★やり手★であると評判の斉藤館長であることが納得です。
「スゲー」と何回連発したことか。

週に2回、公民館で60代以上の方々がレクリエーションとして
公民館にて館長とともに過ごされており、
実は僕もラジカセ片手に、こういった方々相手に昭和歌謡の出前を行うこととなりました。
シッカリとラジオの宣伝もしときます(笑笑笑)

斎藤館長のご活動に巻き込まれたって感じです。
こうやってどんどんといろんな人をご自分の渦の中に巻き込んでいく
素晴らしいパワーですよね。

先日、一万城南部公民館主催の地域のお祭りに出店させていただいたんですが
来賓も参加者も関係者も非常に多くムチャクチャ盛り上がってて
「斉藤さん、やり手だな~~」と感心することしきりでした。

ド田舎と思っていた僕の住むこの地域にも、探せばこういった
スト-リーを実力を持った人々が沢山いることに最近気づきました。

僕も自分の活動の渦にもっとたくさんの人を巻き込んでいけるようになろうと思ってます。


投稿日時:2013.08.11(Sun) 23:02:00|投稿者:matsuyamay コメント(22)
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 12 | 13 | 14 || Next»
松山慶彦ブログ

最近のコメント一覧

パーソナリティリスト