パーソナリティブログ

百恵にモ、萌え~~~~

山口百恵さんのレコードやVHSに囲まれているのは
4回目のご登場の四月一日三事さん(芸名)です。




70年代のカルチャーに造詣の深い方です。
3月6日は「山口百恵特集」を行いました。
四月一日さんが、山口百恵さんの様々なエピソードを語ってくださいました。

一番印象的だったのは、「ひと夏の経験」というあの有名な歌。
♪あなたに女の子の一番大切なものを上げるわ~~~♪
はあまりにも有名なフレーズですね笑

昭和49年発売、百恵さんは当時なんと弱冠15歳!!???
百恵さんを当時の脂ギッシュ中年男の記者たちが取り囲んで
「女の子の一番大切なものって何??」という質問をしたそうです笑
そこで彼女が用意したのは「真心」という答えだった!
多分事務所の人にレクチャーされたんでしょうね~ という風にトークが進みました。

それにしてもオッサンって本当に嫌ですね(僕もオッサンですが)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この日の曲リストです。

1:何日君再来 渡辺はま子
2:何日君再来 石川さゆり
3:何日君再来 小野リサ
4:サンフランシスコのチャイナタウン 渡辺はま子
5:オランダ船            渡辺はま子
6:石狩川悲歌           三橋美智也
7:ひと夏の経験                   以下全て山口百恵
8:コスモス
9:プレイバックパート2
10:いい日旅立ち
11:ロックンロールウィドウ
12:さよならの向う側

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

山口百恵さんは自己プロデュースに非常に長けていて
作詞作曲家も自ら指名して曲作りに参加されていたり
引退後は一切公の場に出ない潔良さなど、
何かとリスペクトの対象となるアイドルであったと
四月一日さんは語ってくださいました。

またこの日は
渡辺はま子の何日君再来について調べて欲しいとのリクエスト
他に三橋美智也、チューリップなどのリクエストをいただき、流しました。

この昭和歌謡玉手箱では皆様からのリクエストを大募集。
そして取り上げて欲しい昭和のテーマなども同じく大募集。
0986-51-2508までお気軽にご依頼ください!

また、3月21日は三股町会議員を3期務められた
永山龍郎さんをゲストにお迎えいたします。

戦前の満州鉄道での幼少期の思い出、
戦前や戦後まもない三股小学校のお話
ラジオ歌謡の思い出、分算授業の思い出

などなど様々な昭和の貴重な体験談を伺います。

ほかに
東海林太郎や上原敏、北原謙二、ちあきなおみ、
田代みどりといった方々の
リクエスト曲を頂いていますので
同時にお楽しみになさってください。

またここ最近、極めて個人的趣味で、ちあきなおみ特集をしたところ
数人の方々から良い反応をいただき、大変嬉しく思っております。



世界のチョコレート・アイデンティティにも春が訪れ花が咲き始めました。

投稿日時:2013.03.15(Fri) 23:46:00|投稿者:matsuyamay コメント(21)

☆新レポーター!都城観光レディ 高野瀬ますみさん☆

昭和歌謡玉手箱に強力助っ人のご登場です!
都城観光レディであり、タレント活動で東京にて大活躍中の
「高野瀬ますみ」さんです!




今風でとってもナウい高野瀬ますみさんと、戦前や戦後まもない昭和歌謡とのコラボy(^~^)y
一体どんなケミストリーがもたらされるのか、楽しみですね!

出身地:都城市
出身校:高城高校WCS ワタナベコメディスクール第8期生
座右の銘:☆夢は叶えるためにある☆我思ままに(わがままに)☆有言実行☆
どうしてもこれだけは譲れないもの:諸県弁

高野瀬ますみさんオフィシャルブログ
逢いが愛★我思ままに、ワガママに★
http://profile.ameba.jp/azulazuthyst/




また、高野瀬ますみさんは
「イメージガール選手権、MBCオーディション総選挙」に立候補中です。
ぜひ皆様、ご覧の上、ご投票をお願いいたします。
http://ig.boothsystem.net/

これから時々、
このブログにて都城や関東での昭和の香りレポートや
番組でのレポート出演をしていただきます!

お楽しみに!

投稿日時:2013.03.13(Wed) 14:12:00|投稿者:matsuyamay コメント(49)

魂を震わせる歌に出会った

番組ではあまり言わないようなことを書きたいと思う。

先日の昭和歌謡玉手箱、
前田プロデューサーとDJ黒木さんがご担当された日にゲスト出演され、
「異国の丘」「岸壁の母」を披露されたご夫妻がいる。
大先輩方の作る昭和歌謡玉手箱はさすが、格別にクオリテイ高く面白かった!

元学校教師であり歌も玄人はだしの小玉さんと奥様に出会えたのは
この番組を担当させていただいたからだ。
小玉さんが、わざわざ僕の店まで「話をしたい」とお越しくださったのは
一昨年の10月頃だったと記憶している。

ラジオは顔が見えないだけに喋り手の人間性やメッセージは
何のバイアスもかからずにダイレクトに聴き手に伝わるものだと思う。
それだけに来てくださったことに感謝しながら自己紹介したものだった。
何かお互い通じるものがあるのだと思った。

小玉さんは実はご病気により両目の光を失っている。
五感のどれかを失ってしまったら、残りの感覚が非常に鋭敏になるものだと聞いた。
そんな小玉さんが毎回耳を澄まして
昭和歌謡玉手箱を聞いてくださっていることは大きな励みである。


※真ん中の方はご本人ご希望により画像を編集しております。




そして一昨年の年末特番に昭和歌謡玉手箱を組ませていただき
岩橋元市長と小玉さんご夫妻をゲストに、
美空ひばりのバック演奏を務めた村岡実氏のインタビューも放送させていただいた経緯がある。

小玉さんは戦前のお生まれで、少年時代を満州で過ごした。
そして終戦となり、命からがら満州から引揚げてこられた。
そのご経験はまさに凄絶であった。大人同士が食べ物のために殺し合ったり
妹さんが目の前で餓死するような修羅場を小玉少年は目に焼き付けて生き延びた。

「異国の丘」とは昭和23年ごろ日本で発売。
武装解除した日本兵や民間人がソ連領内の収容所にて
過酷な労働を強いられた、
あのシベリア抑留兵たちが作り歌った曲である。
「倒れちゃならない祖国の土にたどり着くまでその日まで」
という歌詞がまさに万感の思いを持って当時日本中がひとつになった
そんなとてつもないパワーを持った曲である。

「岸壁の母」は昭和29年発売
ソ連からの引き揚げ船に息子の姿を探す母の歌である。
まさに当時の人々の気持ちを
ムードを世相がそっくりそのまま分かるいわば時代を象徴する歌だ。

小玉さんがこの2曲を歌ったのだ。
満州で少年時代に地獄を目撃した小玉さんの歌は
脳天に落雷を受けたような衝撃を持ってまさに僕の耳に入ってきた。
迫力が違うのだ。小泉さんではないが「感動した」
いや、こんなシンプルな言葉では言い表せない。

口幅ったいが
仕事の確立、自己の確立に愛の獲得、理想の追求と
生きていくには難事業があまりにも多く生きるとは戦いだと思う。
だからこそ、歌にも歌い手にもそれ相応の迫力や美意識や価値観を求めてしまう。

この2曲はこんなクソ生意気な僕の要求をしっかりと満たしてくれたのだ。

都城でも三股でもどこであってもその気になって探せばこのようなタレントが、
人生にストーリーを持った方々がたくさんいるのだ。
そう考えるといてもたってもいられない。

最後に
小玉さんご出演のこの番組中に、「草柳大蔵」氏の言葉が出てきて、
この日はラジオ前のリスナーである僕は思わずテンションが上がってしまった。
彼はもう故人となられているが、ダンディズム、美意識や審美眼の塊といった御方であり
僕も昔は草柳氏の著書をずいぶんと読み漁ったものである。
(残念ながらあまり身についてはいないが汗)

草柳氏の唱えた美意識とか作法とか躾という概念はもう世の中から消滅しつつある。
(としみじみ思うこと小一時間・・・)

近いちに、小玉さんの作った「牟田町でっさるく」という牟田町活性化の歌
牟田町初心者の僕がここで歌詞やその内容を紹介します!

投稿日時:2013.03.03(Sun) 22:25:00|投稿者:matsuyamay コメント(47)

渾身のギャグ炸裂!しかし・・・

1回の番組で必ず1ギャグ、は僕のモットーです。
僕の番組を聴いた、とある人は
「面白いこともたまには言うんだね。びっくりした」と感想を述べていた。
これはこれで失礼な人だと腹が立ったものだ笑

例えば今日は、
「天津羽衣のお吉物語」コレ、お吉ですからね!諭吉じゃないですよ!間違えないように!
諭吉なら1万円になってしまいますから!カネの話になったらいやらしくなりますからね!

ここ最近は
「無錫旅情」、ムシャクだけにむしゃくしゃしますね!

昔土曜ボンバラにゲストで出演させていただいたときは
「ナイスガイ・マイトガイ・タフガイにダンプガイ、そして僕はホタテガイです!」

こうやって文字にすると超ド級の薄ら寒さですが(^_^;)
しかしミキサーの田口アナはきちんと笑ってくれてます笑
気を使ってるのでしょう。
が、時々本気で笑っているので(多分)、まさにパーソナリティ冥利に尽きる。
田口アナの笑うタイミングは、番組を聴いた県外の友人が褒めていた。実に敏感であると。


そして実は今日、2月27日は田口アナのギャグが炸裂した!


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「港が見える丘」この名曲をギターで弾き語りしていた昭和の絵師・あの天才、上村一夫氏
「あなた→アンタ」「わたし→アタイ」と言い換えて歌っていたのだそうだ。
そして驚くべきことに、会社の女子社員にも「自分のことをアタイと呼べ」と
強要していたほどの「アタイフェチ」だったそうです。
「アタイ」なんて今や、漫画の中でしか存在しませんよね~
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



という僕のトークを受けて



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「アタイ」はあと数学の世界に存在しますよね。
「XとYの値(アタイ)」みたいな~
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



と田口アナが返してきた(^O^)
しかし!ここで
僕は「ウッ」と絶句したまま、「さて次の曲は・・・・」とスルーしてしまったのだ。
ああ・・・なぜせめて「ハハ」と愛想笑い声くらいは出せなかったのか・・・

毎回毎回田口アナは気を使って笑ってくれてるだけに
なぜ俺には同じことができない?反省しきり。
まさに日々是勉強ですね!


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
今日のオンエア曲リストです!

1:津軽のふるさと 美空ひばり
2:津軽恋しや   こまどり姉妹
3:好きなのさ
4:江戸っ子ずし
5:ひよどり草紙
6:田舎の子
7:ふるさとの話をしよう
8:有楽町で逢いましょう
9:銀座9丁目水の上
10:お吉物語
11:黒船哀歌
12:お吉懺悔
13:港が見える丘
14:毒消しやいらんかね
15:タバコ屋の娘
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


また、今日は都城市役所の商業観光課と電話をつないで
3月2日の街中フェスタの話もお届けしました。

途中、「鍋屋燗 なべ や かん」さんというお店が鍋の振る舞いをするという話で
「えっ!!あの筋肉ムキムキ芸人の なべやかん が作るんですか?!」
と返したら市役所の担当のTさんが電話の向こうでゲラゲラ笑っていた!
しかも周囲の職員までもが!
もちろん、ボケたわけでもなく天然のボケだった。

つまんなくてもなんでもいいから笑うって本当にいいですね!

投稿日時:2013.02.27(Wed) 17:10:00|投稿者:matsuyamay コメント(14)

伝説のアナウンサー 東治男さんご来局

宮崎・MRT放送局の数々の報道番組や歌番組を担当し名実共に
「宮崎の顔」であった伝説のアナ・東治男さんが番組ゲストに来て下さいました。



お隣は東治男さんのご友人である伊藤秀信さん。
伊藤さんは3000曲のレパートリーを持つ美声の男と呼ばれています。
三波春夫に北島三郎に三橋美智也、歌唱力はプロレベルのお方です。

東治男さんは、僕の実力ではゲストに呼べません。
伊藤さんのご尽力により今回のご来局が実現しました。


●2013年1月30・31日の昭和歌謡玉手箱の曲リストです。
1:高校三年生 舟木一夫
2:学園広場  舟木一夫
3:東京キッド  美空ひばり
4:リンゴ追分  美空ひばり
5:私の青空   二村定一
6:美しき天然  小沢昭一
7:もう恋なのか にしきのあきら
8:さすらい    克美しげる
9:安房の女房  西川ひとみ
10:有楽町で逢いましょう  フランク永井
11:おまえに   フランク永井
12:大阪夜霧   大月みやこ
13:からたち日記  島倉千代子

////////////////////////////////////////////////////////////////

途中、デビュー前から東さんとご親交があり小林市に縁が有る
演歌歌手の西川ひとみさんと電話を繋ぎインタビューを行いました。
西川さんは現在、千葉テレビとテレビ埼玉で歌謡番組を持ってらっしゃいます。
昨年、3月に発売された「安房の女房」をかけました。

東さんあてに西川さんからお花も届きました。
本当にありがとうございます!
電話インタビュー中にお花のお礼を言えなかったこと
パーソナリティとして深く恥じ、反省しております・・・・

//////////////////////////////////////////////////////////////

舟木一夫さんのエピソード

デビューからまもなく、「高校三年生」で時代の寵児となった舟木一夫さん。
その頃、東治男さんがラジオDJをされており、インタビューを。
「あなたの歌に励まされる人がたくさんいる。その使命感を感じて歌い続けて欲しい」
と東さんが舟木さんに熱く語りかけた逸話を話してくださいました。

////////////////////////////////////////////////////////////////

美空ひばりさんのエピソード

コンサートのあと、ひばりさんやコンサート関係者と食事、ニシタチに飲みに。
ひばりさんに一曲歌ってもらおうと頼んでみたものの
「歌は私の生業であり舞台以外では歌わない。一曲100万円の人間なのよ」
とやんわり優しくひばりさんからたしなめられたそうです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////

フランク永井さんのエピソード

「おまえに」は一度B面で発売、その後A面となり大ヒット。
A面発売されたきっかけは、東治男さんの鶴の一声だったそうです。
東さんは当時全国に20名ほどいた、レコード会社直結のディスクジョッキーの一人であり
レコード会社への提案で、A面発売が決定したそうです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////

島倉千代子さんのエピソード

コンサートでは必ず、裏方さんの最後の一人まで声をかける。
「私が100%の仕事ができるのは、周囲の人々の力の結集であるから」と。
どんなに売れっ子になっても、天狗にならず謙虚で感謝の気持ちを忘れない。
それが島倉さんが長く今の地位を保っている秘訣であると。

//////////////////////////////////////////////////////////////////

番組が終わり、BTVのカフェにて
前田プロデューサーと東さん、伊藤さんに加えさせていただきランチを。
前田プロデューサーは宮崎・UMK放送局勤務時代に、
TV番組の黄金時代を彩った数々の名番組を制作された人物であります。
東さんと前田プロデューサー、そして伊藤さんとご一緒でき光栄でした。
まさにテレビが一番輝いて素晴らしかったときの立役者たちであり
この日のカフェは梁山泊でした。

/////////////////////////////////////////////////////////////////

★イベントのお知らせ★
平成25年3月10日(日)
「歌の祭典・ゴールデン歌謡ショー」

会場:都城ロイヤルホテル(8F スターライトホール)
受付:10時30分~
食事:11時30分~
歌謡ショー:12時15分~
会費:お一人5000円~
司会:東治男さん
お問い合わせ:090-8835-3221 

歌仲間が一同に会しプロの司会で日ごろ鍛えたノドを
おしゃれな歌手気分で披露し合い、お互いの歌の切磋琢磨と
交流を図るものです。ごいっしょに楽しいひと時を。
お気軽にご参加ください

ちなみに僕は両親をこのショーに招待する予定です。

///////////////////////////////////////////////////////////////////


あとがき

東さんとはあまりにも喋り手としての力量が違いすぎ、緊張しました。
トークをキャッチボールに例えたとして
東さんの投げるスナップの効いたボールを僕のグローブできちんとキャッチできるか?
東さんの構えたところにこの特注のボールをきちんとコントロールして投げ込めるのか?
変化球が投げ込まれた時にそのボールをきちんとキャッチできるのか?

インタビューアーとして今回の大物相手にきちんとした仕事ができるだろうか?

様々な思いが去来しましたが、今回はいい試金石にもなりました。
この番組を録音したICレコーダーを常に携帯し、時間があれば何度も繰り返し聴いています。

聴取者を引き込む語りの間合い、繋ぎ方など、東さんのトークは
今後の良きお手本となりそうです。

そして、今回のセッティングをしてくださった伊藤さんには心より感謝しております。

投稿日時:2013.02.03(Sun) 20:37:00|投稿者:matsuyamay コメント(42)
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 5 | 6 | 7 |...| 12 | 13 | 14 || Next»
松山慶彦ブログ

最近のコメント一覧

パーソナリティリスト